多くのタレントや芸能人の方が受けられている、レーシック眼科の神戸神奈川アイクリニックが、「安心サポートプラス」を開始しています。

手術を受けた後が気になったり、不安という方も多いと思いますが、こういったアフターサービスはうれしいですね。

こちらでは、痛みをするに和らげてくれる目薬がもらえます。

表面麻酔の点眼薬ですので、手術後に痛みを感じる事があっても安心ですね。

それから、目を守るための保護用のメガネがプレゼントされます。

つい目を触ってしまいがちですが、このメガネがあれば、大丈夫ですし、目の乾燥、紫外線などから目を守ってくれます。

ちなみに、トータルケアサービスには、この「安心サポートプラス」が含まれているとのこと。


>> この続きを読む




レーシック眼科である神戸神奈川アイクリニックの新宿院にて、オルソケラトロジーの施術が開始されました。

これは、寝ている間に専用のコンタクトレンズを装着する方法です。

角膜を削るなどをしなくていいので、手術が怖いという方にも良いのではないでしょうか?

これにより、日中は裸眼で生活ができるようになります。

特に若年層向けで、レーシックを受けられない方に注目の視力回復方法ですね。

専用レンズに興味がある方で、近所に住んでいるという方は、この機会にぜひ、神戸神奈川アイクリニックのホームページをチェックしてみてください!




視力回復の手術はちょっと怖いという方も多いと思いますし、適応検査でレーシックが受けられないと診断された方もいらっしゃると思います。

最近では、オルソケラトロジーという治療法も出てきています。

これは、角膜矯正用のコンタクトレンズを夜中につけて、角膜にクセをつけて近親矯正をする方法です。

これにより、昼間に裸眼で生活できるんですね。ただ強度近親の方は利用できないそうです。

サンケイビスの記事の中で、南青山クリニックの戸田医師も、有効な方法とコメントされています。

とはいえ、レーシックはもちろん、その他の視力回復方法も進化をしていて、いろんな方法や施術が登場しています。

これからの動向に注目していきたいですね!




レーシック専門眼科の神戸神奈川アイクリニックに、プレミアム アイデザインレーシックの検査機器が導入されました!

これは、1人1人に合わせたカスタムメイドな、新しいアイレーシックです。

すでに著名な方も受診されています。

普段から使用されていた、ウェーブスキャンの5倍ほどの制度なんだとか。

視力矯正後の目の見え方も、非常に良くなっているみたいですね。

国内にもまだ数台しかないという、最新の検査機器です。

興味がある方は、この機会にぜひ神戸神奈川アイクリニックのホームページをチェックしてみてください。




ランキングで有名なオリコンが、2012年版の顧客(患者)満足度の高いレーシックベスト5という調査を行いました!

1位になったのが、SBC新宿近視クリニックで総合特典で83.20点でした。

特に治療後の結果が86点で1番になっています。

実際にレーシックを受けた方の体験談では「事前説明が丁寧」といった声が聞かれるなど、リスクなどについてもきちんと説明があったそうです。

また「執刀医師の方の経験や実績も豊富」という様に、医師の方についても好評でした。指名ができるのも人気のポイントなんだとか。

この様に、有名な先生がいるというところが支持されているポイントなのかもしれませんね。

加藤夏希さんなどもこちらで手術を受けられていて、体験談が掲載されています。

ちなみに、現在「SBKレーシックベーシックプラン」というのが用意されていて、料金も格安になっています。


>> この続きを読む




週刊誌の女性自身で、神戸神奈川アイクリニックの北澤医師のインタビューなどが掲載されていました。

新しい近視の治療法として、「フェイキックIOL」「眼内レンズ」などの内容が紹介されています。

レーシックを希望される方の中には、強度近視の方が約10%はいるそうで、選択肢のない方に注目されているんだとか。

眼内レンズは、虹彩と水晶体の間に、後房型レンズ(ICL)が入ります。

レーシックのレーザーによる治療とは少し異なる形での視力矯正方法ですね。

15分の手術で、角膜を傷つけたくないという女性などに注目されてるようです。


>> この続きを読む




神戸神奈川アイクリニックのスタッフブログで、薬剤師の女性の方のレーシック体験談が掲載されていました。

なんでも、中学の時に右目の視力低下に気づいたそうで、それからずっと気になっていたみたいですね。

その後、紹介をしてもらって、アイレーシックを受診されたとのこと。

術後に右目は0.2から、1.5にまで回復されました。これで車の運転もバッチリです。

おかげで、仕事の効率もアップされて、お客様の待ち時間も短縮されたんだそうです。

車の運転で、メガネが必要なくなったそうで、疲れ目にならなくなったみたいですね。


>> この続きを読む




神戸神奈川アイクリニックの三宮院のブログによると、妊娠前にレーシックを考えていて、手術がしたいという方がいらっしゃるそうです。

授乳中の方は、断乳をして3ヶ月後にはレーシックを受けることができるそうです。

レーシックを受けると、点眼薬を使用するため、手術が受けられません。

そのため、妊娠前に視力を回復しておきたいと考える方がいらっしゃるんですね。

子育てが大変なので、こういった方が増えていいるのではないでしょうか。


>> この続きを読む




2011年の12月1日から、神戸クリニックと神奈川アイクリニックが統合されて、「神戸神奈川アイクリニック」になりましたね。

なんでも、国内最大規模のレーシック医院なんだそうです。アイレーシックの症例数も国内最大なんだとか。

北海道、東京・新宿、東京・恵比寿、名古屋、大阪・梅田、大阪・堂島、神戸、北九州、福岡などの9クリニックでレーシック手術が受けられます。

チーフメディカルディレクターには、北澤世志博さんが就任されています。

気になる手術の費用ですが、イントラレーシックで両眼23.5万円の料金になります。

すでに手術を検討されている方も多いと思いますが、手術後のアフターケアや保証期間が気になる方も多いのではないでしょうか。

これまで通りの内容を継続されるそうなので、安心してください。術後の検診や相談も無料で受け付けているそうです。


>> この続きを読む




先日、神戸クリニックでレーシックを受けられた方の体験談が、スタッフブログで紹介されていました。

その方は、4年前にレーシックを受けられたという40代の男性です。

無料で再手術を受けられたそうで、 視力は1.2から、1.5にまで回復されたとの事。

視力低下などではなく、ハログレアという夜間の光の見え方が気になっての受診だったそうです。

なんでも、受けた後の結果も良好なんだとか。とても満足されていると体験談を語っていらっしゃいました。


>> この続きを読む




レーシックのSBC新宿近視クリニックが、使い捨てコンタクトレンズの下取り制度を開始しました。

これから受診を考えている方で、コンタクトレンズがたくさん残っているという方は、最大で6か月分を下取りしてくれるそうです。

1日・2週間の使い捨てで一箱1,000円。一ヶ月交換タイプも一箱1,000円です。

適応検査を受けられた後で、レーシック手術の当日に持参すればよいんだとか。


>> この続きを読む




プレミアム・アフターケアという再手術の無料保障や情報公開などを行っているSBC新宿近視クリニック。

こちらのクリニックでは、3ヶ月の定期検診でアンケートに回答していただいているそうで、多くの方が日常の生活に支障がないと回答されているそうです。

SBC新宿近視クリニックでは、適応検査の際に、角膜の厚みなどをしっかりとチェックしていきます。

また、検査時には術後の状態などがある程度の予測できるそうなので、それに合わせて術式を決めるそうです。

ですので気になる点があった場合、先生にしっかりと相談をして、疑問を解消する事が大切なんですね。


>> この続きを読む




三宮にある神戸クリニックのレーザー技師さんが、ブログで適応検査についてご紹介されていました。

適応検査は怖くないっ、というテーマだったのですが、初めはどんな事をするのか心配という方も多いと思います。

そこで、検査についてや、使用する機器についてガイドされています。

基本的には顔をのせて、まっすぐ目を開いているだけという簡単なものです。

まずはウェーブスキャンという近視、遠視、乱視などを測定する機械を使って、目のチェックを行います。

一般的な眼科には置いてないんだとか。


>> この続きを読む




神戸クリニックのドクターブログで、福岡のORT(視能訓練士)の方がiLasik(アイレーシック)を受けられたそうです。

この視能訓練士とは、国家資格なんだそうで、視力の検査や眼圧、弱視訓練、色覚などの検査を行う医療の技術者なんですね。

そんな方も最近ではレーシックを受けられているんだそうです。

ちゃんとした眼科で受ければ、安心だという事がわかる事例だと感じました。


>> この続きを読む




神戸クリニックのスタッフブログで、眼圧測定の受け方のコツについて書かれていましたので、ご紹介させていただきます。

この検査は、空気が目にシュッと当たるのですが、スタッフの方には「目を大きく開いて力は抜いてください」と言葉をかけられます。

ですが、なかなか難しいですよね。

そこで、「空気が当たる、逆の目を大きくあける事」がポイントになります。

つまり、逆の目を意識する事で、片方の目がゆるんで、力まない状態になるんですね。

これによりスムーズに検査が受けられます。

これからレーシックを受けられる方で、眼圧測定の際は、こちらを意識してみてください!




レーシックを受けた際に、視力が良くなって使わなくなったメガネはどうしよう?
と考えている方も多いかもしれません。

神戸クリニックでは、使わなくなった度が入ったメガネのレンズを、保護用メガネやサングラスにしてくれる、レンズ交換サービスを行っています。

これは気になっていた方にはとっても便利ですね。

手術室に入る前にお渡ししておけば、レーシックの手術後には度の入っていないレンズに交換してもらえます。

無色のレンズやカラーレンズなど、たくさんの種類から選べるのもうれしいですね。

メガネをたくさん持っている方ほど、おすすめのサービスです。

これからレーシックを受けられる方は、度が合わなくなったメガネをぜひ持参してみてください!




神戸クリニックのスタッフブログにて、レーシック手術の流れについて記事が公開されていました。

そちらでは、実際に手術を受ける際に眺める、光の輪の写真が掲載されていました。


ベッドに横になった後は、光の輪の中心を見てくださいと説明を受けるのですが、その際に見えるのがこちらのリング?なんですね。そしてフラップを作る器具が装着されます。

それから、ベッドが動いてオレンジの光が見えるので、今度は光の点滅を眺めていく事に。その間に視力矯正の手術が行われます。

その後は体を起こして診察台に向かいます。診察ですね。説明などを受けて、問題がなければレーシックが完了です。

疑似体験といいますか、手術当日はこういった流れで進んでいくんですね。

ぜひ参考にしていただければと思います。




長時間パソコンを眺めたりしていて、目が乾きやすくなっているなど、ドライアイの方も多いのではないでしょうか。

そんな中で、最近ではレーシックなど様々な対処法があるのですが、「涙点プラグ」という方法が注目されているようです。

こちらは、シリコンのプラグを目の内側の涙点に差し込んで、涙が鼻膣に排出されるのを防ぐという治療法。

涙点をふさいで涙をためる方法になります。なんだか良さそうですね。

気になる費用なんですが、保険適用で1箇所30.000円程度とのこと。

すぐに効果が実感できるそうで、ドライアイが改善されるとして注目されています。

目の乾きなどに悩んでいる方は、レーシックや涙点プラグをぜひ調べてみていただければと思います。




神戸クリニックが、ツイッターのアカウントを開設されているのですが、そこでレーシックに関する質問や、回答などが投稿されていました。

この様に、5年前に受けている方の体験談なども書かれていました。


●5年前に受けた方のお喜びの感想

「私も裸眼で両目共に0.02とかでしたけど、5年前にレーシックして世界変わりました」とお喜びの声を語っていらっしゃいます。


その他のつぶやきについても、いくつかまとめてみましたのでご紹介させていただきます。


●痛みはありますか?

痛みについてですが、「点眼麻酔をするので、手術中の痛みはありません」といった回答がありました。


●術後、3ヶ月目の経過

実際にレーシックを受けた方は、すでに3ヶ月になっているみたいで、「レーシックの三ヶ月検診だん。 異常なし」と体験談を語っています。


この様に、ノウハウや目に関するユニークな投稿などもありました。

神戸クリニックで受けた方のレーシックに関する内容ですので、とっても参考になりますね。

貴重な感想を本当にありがとうございます。




アフターフォローなどで定評がある神戸クリニックで、福岡医院が新しく開院しました。

清潔感のある、キレイなクリニック。気になる場所なんですが、地下鉄空港線の「天神駅」協和ビル10階になります。

こちらで受けられる手術ですが、アイレーシック、イントラレーシック、PRK、エピレーシックなどが受けられます。

神戸クリニックは、国内最大級である累計370,000症例という実績があります。

これで5クリニックですね。

タレントの東原亜希さんなど、多くの芸能人の方も受けられています。

近くにお住まいの方は、ぜひ一度検討してみてください。




歌手FABiANAさんが、神戸クリニックで視力回復手術のレーシックを受けられたそうです。

公式ホームページでは、その体験談が掲載されていましたので、簡単にご紹介させていただきますね。

「キミに会いたいよ」でCDデビューしたFABiANAさん。普段はコンタクトレンズを使用していたそうですが、不便さを感じていたんだとか。

体験したという方の声を参考にして、だんだんと受けたくなってきたみたいですね。

手術当日は期待感がいっぱいだったそうで、まったく痛みは感じなかったみたいですね。アッという間に終わったとのこと。無事に1.5に視力が回復。

ただ術後は少し光が眩しかったみたいなんですが、夜には普段通りの生活ができたんだそうです。

実際にレーシックを受けた後の体験談ですが「コンタクトレンズとも違う世界は本当に最高です」と感動の体験をレポートしてくれました。

また「多少高くても、衛生面やアフターケアのことなど、しっかり調べて決めた方がいいと思います」と参考になるアドバイスを語っていらっしゃいました。




ランキング調査で有名なオリコンが、2010年度のレーシック顧客満足度調査を行いました。

その結果、8割の方が、「おすすめできる」と回答しています。これはすごいですね。

なんでも、オリコンが行った他の業種(30業種)の調査の中でも、かなりの高水準なんだそうです。ちなみに、おすすめできない、という声は、0.4%ほどでした。

いろんなニュースが出ていましたが、きちんと衛生状態を管理しているクリニックも多く、多くの方が満足されているようです。

ランキングでは、「神戸クリニック」「品川近視クリニック」などの有名クリニックの他、「安淵眼科」「SBC新宿近視クリニック」といった眼科が上位にランクインしていました。




神戸クリニックが、10月10日の「目の愛護デー」にちなんで、10月の1ヶ月間ですが、どなたでも無料で目の検診が受けられる「目の人間ドッグ」サービスを開始するそうです。

こちらのクリニックは、レーシックでは10万症例以上の手術実績を誇っている、大手のクリニックです。

気になる内容なんですが、「目の人間ドッグ」では、視力検査や、眼圧測定などを無料で行ってくれるそうです。

緑内障の早期発見という効果もあるため、気になる方は、この機会に無料検診を受けてみてはいかがでしょうか。




オリコンが、レーシックを受けた方を対象に、アンケート調査を実施。その結果を報告されています。

ランキングでは、神戸クリニックが3位にランクインしています。

アフターフォローや、芸能人の方が多く利用されている、スタッフの方の対応などが安心につながって評価されているようでした。

費用の適正度についてが71点と少し低い状態でした。低価格化が進んでいるので、こういった見方をされるのも仕方がないかもしれませんね。

設備の清潔度では、87点と高得点なんだそうです。

実際に受けた方の体験談では、「事前の説明や検査も詳しく説明してくださったし、成果もあったのでとても満足しています」「とてもきれいなクリニックで、スタッフの方もみんな優しい」という声がありました。

これから視力回復を考えているかたは、この機会にぜひ神戸クリニックをチェックしてみてください。




老眼は目にあるレンズや水晶体が、硬くなって起きるといわれています。

治療法ですが、レーシックの老眼治療も注目されています。

その他にも、高周波電流で角膜の形状を変えて、レンズの屈折率を矯正するというCK(コンダクティブ・ケラトプラスティー)という技術もあります。

さらに、最近話題なのが、アキュフォーカスリングとい施術です。世界では、10万以上の症例があるとのこと。

真ん中に直径1.6ミリの穴があいている、黒いリングを角膜に埋めこむという方法です。

「みなとみらいアイクリニック」で実際に受けられた方は、レーシックと、右目にリングを入れたそうで、「痛みは全然ないです」と体験談を語っています。

費用は30万円ほどなんだそうですが、気になるという方は、こちらもぜひチェックしてみてください。




東急東横線、東京メトロ日比谷線の中目黒駅から徒歩2分。中目黒アトラスタワー4階にレーシックの錦糸眼科東京院があります。


2010年4月3日 錦糸眼科東京院 中目黒にオープン より

4月3日に、レーシックの錦糸眼科 東京院が、中目黒アトラスタワーに開院しています。

そちらを記念して、期間限定で、開院記念キャンペーン1万円割引を実施中です。

さらに、院長の指名料が無料で、院長を指名されない方も、最大で3万円が割引に。

対象となる期間は、6月30日まで。ちなみに、今後の流れとしては、まずは無料の検査が必要とのこと。

屈折治療についてのガイダンスや、個別のカウンセリング、診察を行って、手術が受けられるかどうかなどのお話があります。

初診の方は、完全予約制になっていますので、ホームページをご覧ください。


所要時間は、約20分になっていますので、空き時間や、仕事帰りなどに立ち寄れるのがうれしいですね。

最大で13万円がOFFになる、かなりお得なキャンペーンになっていますので、前から気になっている方は、この機会にぜひご検討ください。

>> 錦糸眼科の詳細について(LasikStyleページ内)








メガネの場合は、メガネのフレームに花粉がついて、知らず知らずのうちに花粉が目に入っているなどということも。


レーシックで花粉症が楽になる?花粉症のお客様必見のコンテンツ - 神戸クリニック より

神戸クリニックのホームページで、レーシックが花粉症対策になるという情報が掲載されていますので、ご紹介させていただきます。

どういうことかといいますと、花粉がコンタクトなどに付着すると、ますますアレルギー症状が強くなるようです。

なので、コンタクトを使わない事は、充血や目のかゆみ対策にもなるそうです。

毎年この時期は、仕事の生産性も低下してしまいますので、対策として、レーシックを受ける方がいらっしゃるとのこと。

実際に、アレルギーや花粉症がきっかけでレーシックを受けたプロ野球選手の吉原 孝介さんは、「コンタクトレンズでもいいのでしょうが、毎日の煩わしさや、花粉症やアレルギーの事、そして、いつも何かあった時の事を考えていた生活からは確実に解放されて、心がリフレッシュされたように感じています」と体験談を掲載されています。

この様に、花粉症やアレルギー性結膜炎が気になる方は、ぜひ一度レーシックを検討してみてください。




レーザーによる近視矯正手術「レーシック」が国に認可されて9年。スポーツ選手や芸能人が受けて話題になり、国内での手術は年間40〜45万件ともいわれている。


近視矯正レーシック手術前後のケア肝要 より

スポーツ選手や芸能人が受けて、話題になったレーシック。気になるのは、いつ受ければいいのか?という点です。

福井赤十字病院眼科部長の小堀朗医師のコメントでは、「視力は年齢とともに変化する。レーシックがお勧めなのは20〜40歳くらい」と話されています。

といいますのも、近視は20歳あたりで安定するそうで、40歳前後からは老眼が始まるとの事。

そのため、20〜40歳がおすすめなんだそうです。確かに、いろいろなサイトでも、その様な事が言われていました。

「眼鏡やコンタクトにする決断も必要。レーシックのメリット、デメリットを理解し、必ず眼科専門医で受けてほしい」と県眼科医会理事の南後健一医師がメッセージを残されています。

受診するにあたり、適性検査でしっかり質問する、そして、術後は点眼薬で炎症を防ぐ、寝る時には、眼帯を着けて目を保護する、などケアをする事が大切です。




近年、著名なスポーツ選手や芸能人で受ける人が増えていることも、レーシックが広く知られるようになってきた理由の一つだ。


レーシック治療の最新事情--「神戸クリニック」小谷野宣之氏 より

神戸クリニックを運営している、インターナショナル・メディカル・ビジネス代表取締役社長兼CEOの小谷野宣之氏のレーシックに関するインタビューです。少し要約して、お伝えさせていただきます。


Q. レーシックは日本ではどのくらいの歴史がありますか?

A. 小谷野氏 : 私ども神戸クリニックが始めたのは2003年です。当時の症例数は全国では年間4万件程度。

2008年のデータでは、およそ45万症例です。すでに22万人程度の方が受けるまでになっています。


Q. やはり手術への恐怖感が先立ってしまうのですが。

A. 小谷野氏 : 実際にレーシックを受けた方の話を聞いていただければ早いのですが、まったく痛みがない。その理由として、点眼麻酔などが開発されたことです。ですから安心して受けていただきたいと思います


Q. 今後、レーシック治療はどうなっていくのでしょうか?

A. 小谷野氏 : 今後は老眼治療も含めた、広い意味での「視力矯正」にシフトしていくのではないでしょうか。いつも老眼鏡をかけなければ(書類などが)見えない、というのはとても辛いことなんです。日本では、高齢化社会として、これは無視できない問題です。

また、視力矯正を必要とする方の1.5%しか受けていない、という試算があり、これからますます広まっていくのは必至だと確信しています。

今後は、老眼治療も含めた治療になるんですね。

また、今後は生涯で仕事をする期間が長くなると考えていますので、パソコンの画面や書類が見えづらいなど、死活問題になる方も多いと思います。

そうなると、対象が段違いに広がっていきます。

今後とも、こうした流れについて注目し、新しい情報をお伝えしていきます。小谷野さん、今回は参考になるお話をありがとうございます。


>> 神戸クリニックの詳細へ [LasikClean]




過去5年以内にレーシック治療を保険適応外で受けたことがある18歳以上の全国男女ユーザー


神戸クリニックは、レーシック眼科医院 顧客満足度CSランキング(オリコン調べ)総合第1位に選ばれました。 より

オリコンのレーシック顧客満足度調査で、レーシック眼科医院では神戸クリニックが1位にランクインしました!

以下ランキングは記事より引用です。

1位 神戸クリニック

2位 南青山アイクリニック

3位 品川近視クリニック

4位 錦糸眼科

5位 神奈川クリニック眼科


神戸クリニックでは「レーシック業界では安値競争の時代から、お客様が医療の質を求める時代に変化してきていると神戸クリニックは考えています。」と記事で発表されています。

先日お伝えした慶応大医学部眼科学教室の坪田一男教授の「安心LASIKネットワーク」など、レーシックの安全性を考えた取り組みがいろいろと行われていますね。


>> 神戸クリニックの詳細へ [LasikClean]




多くの芸能人や、スポーツ選手の体験談や口コミを目にする機会が増えてきました。ですが、レーシックでの様々なニュースを受けて、安全性に不安を持つ方は多いのではないでしょうか。

そこで、先日、慶応大病院を含む全国4大学病院と、11のクリニックが「安心LASIKネットワーク」を発足しました。こちらでは、安心してレーシック手術を受けてもらうために、最新情報や施設の紹介などを行っていくそうです。

慶応大医学部眼科学教室の坪田一男教授が代表なんですが、「基本的には安全で確立した医療だが、自分の適応、施設、適応検査や合併症の配慮、対応、術後のフォローなどをきちんと行っているか確認することが必要」とコメントされています。(sankei webの記事より)

ですが、特にスタッフの対応や衛生管理については、なかなか初めての方が見てもわからないと思います。なので、こうした団体の提供される情報というのはとても参考になります。

個人的には、一刻も早くこうした団体ができないかな〜と考えていましたので、とても期待しています。

しっかりとした衛生管理と眼科専門医が担当医であるか。その他にも、レーシックを受けるまでには、いろんなチェックをして、納得して受ける事で、安心して視力を回復させてくださいね。

また、参考までに、「安心LASIKネットワーク」が発表している、「安心の条件」と「チェック項目」と引用させていただきます。




>> この続きを読む




眼鏡、コンタクトレンズに代わる第三の視力矯正方法として、レーシックが注目を集めている。レーシックとは角膜の表面をめくり、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を矯正する手術のこと。健康保険の適用はないが、手術時間およそ10分で近視、乱視、遠視を治すことができるとされる。


眼鏡、コンタクトは不要に!? 激安競争で急拡大する視力矯正「レーシック」手術 より


レーシックは、日本で2000年に厚生省がエキシマレーザーによる矯正手術を認可されました。それからは、レーシックなどの屈折矯正手術市場は07年には年間約25万件にまで拡大しています。

その要因の1つとして注目されているのが、専門クリニックの激しい低価格競争なんだとか。たしかに安くなりましたね。

以前は手術料金は、両眼で40万円前後だったのですが、最近になって両眼で30万円以下という低価格路線を打ち出しました。

今では当サイトで紹介している、人気の大手3大クリニックのいくつかは両眼で10万円台前半になっています。ちなみに、最安値は9.8万円です。これは安い(笑)

その中でも、これに対抗し、神戸クリニックは最新技術の「アイレーシック」を導入したり、アフターケアの生涯保証を充実させるなどして、差別化を図って注目されています。

今後はどういった流れになるのかわかりませんが、コンタクトより安いとなれば、さらに利用者が増えそうですね。ただし、安くなったからとはいえ、自分で詳しく調べて、しっかりと検討してから受けくださいね。




金融界のトップと、医療業界のトップがタッグを組んで、最高品質のレーシックセンター「ナチュラルビジョン高輪クリニック」をオープンしました!


最高品質のレーシックセンターがオープン! より

こちらのプレスリリースによると、レーシックセンターの「ナチュラルビジョン高輪クリニック」がオープンしました。

なんでも、シティバンクプライベートバンキング部門在日代表を務めた北出高一郎氏と、元品川近視クリニック院長である青山勝氏のプロデュースなんだそうです。

また、近視・遠視・乱視対策のレーシックだけでなく、老眼、円錐角膜の治療も含めた生涯の視力障害に対するトータルケアが特徴のようです。

6月27日までの期間限定で、視力検査・カウンセリング体験プログラムも用意されているとの事なので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

また新しい、レーシック専門クリニックが誕生しましたね。今後の動向に注目しています。




視力回復方法のレーシック治療を行う「品川レーシックセンター」は、オーチャードにある商業施設ウィーロック・プレイス5階でオープニング・セレモニーを行った。当日は山中誠駐シンガポール大使やシンガポール政府観光局のリム・ネオチアン局長も出席し祝辞を述べた。


「品川近視クリニック」が海外初進出―若者をターゲットに より

レーシックの専門クリニックである品川近視クリニックが、シンガポールに進出しました!

5月21日に、オーチャードにある商業施設ウィーロック・プレイスでオープニング・セレモニーを行っています。

なんでも、店舗面積は5,800平方フィートで、4つの手術室と6つの診療室を備えているとの事。治療料金は2,388ドルで、施術を行えば検査料金は差し引かれるそうです。

施術には高精度のレーザーを使用するイントラレーシック法のみなんだそうです。月に1度は日本からエンジニアがレーザーのメンテナンスを行うみたいです。

スタッフの鳥畑純一さんは「目標は月に5,000眼。シンガポールだけでなく、インドネシア、マレーシアなど近隣諸国からの患者も受け入れたい。今後は品川という名前でアジアに展開していこうと考えている」と話しています。

日本でも人気で注目されている品川近視クリニックですが、今度は海外の市場に。今後の発展にも注目ですね!




確かに視力は良くなりたいけれど、「レーシックって安全なの?」と気になっている方も多いと思います。

レーシックを実際に受ける際には、実績のあるクリニックで、日本眼科医会の認定された眼科医であること。

感染症対策がしっかりされていて、施設内についても清潔に保たれているかなどもチェックしてみてください。

参考までに、多くの専門眼科では、失明する事例は1つもないそうです。

例えば、神戸クリニック では、「医療論理上、失明の可能性はゼロに等しい」とコメントされています。

コンタクトもわずらわしいし、メガメも面倒。前から知人に良いと言われているレーシックが気になる。でもあと一歩が踏み出せない。

その気持ちはよくわかります。

私もたくさんの芸能人の方の体験談を見てきましたが、コンタクトなどが面倒で、知人や先輩の推薦が決意したきっかけという方が圧倒的に多かったです。

皆さん不安があったみたいですが、スタッフの方からじっくりと納得いくまでお話をしたので、安心できたという声がありました。

そして、術後も順調に視力が回復していらっしゃいます。

この様に、実際の成功体験者のおすすめだったり、納得いくまで説明を受けたり、スタッフの方のサポートや気遣いなどが安心できるポイントになります。

そうやって、情報を得ることで、1つ1つ納得して受診する事が大切だと思います。




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元