タレントの山下徹大さんが神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられたそうです。

山下さんは映画やテレビドラマなどに出演されている俳優でありタレントさんです。

最初は友達からの紹介でレーシックを決意されたんだそうです。多くのタレントさんなど芸能人の方が受けられているというのも決意するきっかけになったんだとか。

クリニックでは、スタッフの方がとても優しくて、安心できたんだそうです。内装などもとても綺麗ですよね。

実際の施術ですが、当日は緊張がほとんどなかったんだそうです。その頃にはかなり信頼していたみたいですね。

手術中に今こうしてるのかなとか、そういうことを考えている間に、あっという間に終わっていたんだそうです。

山下さんはお店もされてるんだそうで、お客さんの顔がよく見えるというのも大きいみたいですね。


>> この続きを読む




モデルの向井さやかさんのレーシック体験談が神戸神奈川アイクリニックのホームページで掲載されていました。

向井さんは、大阪の「おはよう朝日です」などの番組に出演されるなど、様々な活動をされています。

なんでも、最初にレーシックを受ける際は、テレビの取材のお仕事で紹介されたそうですが、スタッフの方の優しい対応や、手術の説明などがとても丁寧だったそうで、ここで手術を受けてみようと決意されたんだそうです。

手術の日は、すごく不安だったみたいですが、スタッフの方に安全な手術ですから、と言っていただけたそうで、安心できたんだとか。

そして、10分くらいで終わったので、とても短く感じたんだとか。

術後の感想としては、コンタクトレンズのケアから解放されたのがうれしかったみたいですね。


>> この続きを読む




お笑いコンビであるフットボールアワーの後藤さんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

2年たった現在の体験談が掲載されています。術後の経過なども語られていて、貴重な体験談ですね。

なんでも、最初は周りの芸人さんが受けられていたのがきっかけで、レーシックを受けられたそうです。

吉本の芸人さんも多くの方が以前の神戸神奈川クリニックで手術されています。

手術当日を振り返ると、いざ手術室に入ると不安になって、怖いと感じたそうですが、スタッフの方が優しく対応してくれたため、安心できたんだとか。

こういったケアは本当に重要なポイントですよね。

術後の感想としては、不規則な仕事の様ですが、深夜の撮影など、コンタクトレンズをつけて目が痛くなる事もなくて、とても快適みたいですね。


>> この続きを読む




女性モデルの太田在さんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたのでご紹介させていただきます。

太田さんは、知り合いの方が受けられていて、「ちょー良かった」と教えてもらったそうです。その時に少し羨ましかったみたいですね。

いざ手術受けるとなった時には、レーシックではなく、ICL(アイシーエル) という手術方法に決まったそうです。

普段はコンタクトをつけていたそうですが、乱視用のコンタクトレンズは少し料金が高いので、なるべく避けたいと思っていたんだとか。

実際の手術は、あっという間で10分ほどで終了したそうです。

スタッフの方に、手を握ってもらっていたのも安心できてよかったみたいですね。


>> この続きを読む




モデルでタレントの白田久子さんが神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられました。その時の体験談がホームページに掲載されていましたので、ご紹介させてください。

友達から聞いて知っていたそうですが、芸能人の方がたくさん受けられているのを知って安心するようになったんだとか。

とはいえ、実際に受けた友人の方からの声が大きかったようです。

クリニックが自宅から近い?のも決めてだったみたいですね。通えますしね!

手術の日は緊張されたみたいですが、痛みはなく、何をされるのかな?と思っている間に、短時間で終了してしまったそうです。

術後はまぶしかったそうですが、だんだんと視界がクリアになっていったとのこと。

次の日に起きてびっくりしたと共に、コンタクトレンズの手間がなくなったのがうれしかったそうですね。


>> この続きを読む




俳優であり、タレントの山崎裕太さんが、以前にレーシックを受けられたそうで、体験談が神戸神奈川アイクリニックのサイトに掲載されていました。

なんでも、デビッド伊藤さんがおすすめされていたのがきっかけなんだそうです。

やっぱり先輩のコメントなどは参考になりますよね。

ちょうど、コンタクトレンズとの相性もよくなかったため、決意されたみたいですね。

手術当日は、まわりの方の体験談をたくさん聞いていたため、安心できたんだそうです。

次の日には、朝起きてすぎテレビがよく見えて感動したんだとか。本当によかったですね。


>> この続きを読む




東野幸治さんが司会の番組、マルコポロリできゃりーぱみゅぱみゅさんが出演されていて、レーシックについてお話されていました。

なんでもきゃりーさんは、視力が悪いことで困っているんだとか。

しかも乱視なんだそうです。

番組でも見えにくくて困ることがあるのが悩みの種みたいですね。

ちなみに、お笑いコンビ、シャンプーハットの小出水さんがレポーターだったのですが、レーシックを受けているとのことでした。


>> この続きを読む




アナウンサーの辻よしなりさんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられました。

辻さんは、ネプリーグやさんま御殿などの番組に参加されています。

なんでも慎重派とのことですが、かなり信頼できる友達が、こちらで受診されていて、すごく安心されたみたいですね。

それがきっかけになって、視力回復手術を受けてみようと決意されたそうです。友人のおすすめというのがすごく多いです。

いざ当日になると緊張はされていたみたいなんですが、「もういいんですか??」と聞いてしまったほど、あっさり終わってしまっていたんだとか。

確かに、レーシックの手術は、思ったよりも短かったという声が非常に多いですね。光を見ているだけで終わっている感じです。


>> この続きを読む




d-RSPのダンサーであるYuiさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうです。

ステキな体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきますね。

最初に受診を決意したきっかけなんですが、Yuiさんは中学生のときからコンタクトレンズを使っていたとのこと。その後の18歳でお母さんからレーシックの事を教えてもらったんだとか。

というのも、よくコンタクトがズレたりして困っていて、「お母さんに受けてみては?」と言ってもらっていたんだそうです。ただ、年齢的に受けられなかったみたいです。早い段階で、お母さんにすすめてもらっていたんですね。

その後に、芸人の陣内さん達と食事をする機会があって、おすすめされたとのこと。

手術当日は、神戸クリニックの綺麗さにとても驚いたそうです。確かにきれいですよね。

実際の手術の時間になり、その頃には不安がこみあげてきたようですが、看護師の方が手を握ってくれて、安心感を感じる事ができたんだとか。

術後は特に違和感もなく、3日を過ぎた頃には視界がきれいになっていたそうです。


>> この続きを読む




元光GENJIでアイドルグループの一員だった山本さんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられました。

SBCクリニックのホームページで体験談が掲載されています。

山本さんは、プラチナイントラレーシックアドバンスという手術を受けられたようです。

なんでも、ドライアイのため、コンタクトレンズを使うと、目が疲れて大変だったとのこと。

そんな時、知人の方がこちらのクリニックで受けられた事がきっかけだったみたいですね。

実際に山本さんが経験されたという適応検査の流れですが、まず問診表を記入し、諸注意事項の確認をして、適応検査を念入りに行います。

その後、しっかりとカウンセリングを受けて、手術の説明を聞いたり、質問などをされたんだそうです。


>> この続きを読む




レーシックを受けたばっかりというAKB48の前田さんですが、美容雑誌VOCE(ヴォーチェ)のアワードで、「ザベスト ビューティー オブ ザ イヤー」を受賞されました。

今年はAKB内のメンバー総選挙でも1位に輝いた前田さん。視力も無事に回復されていて、とても輝いていました。

視力回復手術であるレーシックについては、ファンの方も気にかけていたようですね。

忙しい中で、手間が省けるようになってうれしいとブログなどで報告をされていました。

いろんなメディアでも話題になっています。


>> この続きを読む




お笑い芸人であるアンタッチャブルの柴田さんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられたそうです。

体験談が神戸クリニックのブログで掲載されていました。湯川ドクターによるレポートになります。

術式ですが、最高級アマリスZレーシックを受けられたんだとか。

手術は無事に成功して、2.0にまで回復されたそうです!

1.5などの回復体験談が多いのですが、2.0という事で、かなりクリアな視界になっているみたいですね。


>> この続きを読む




人気グループAKB48の前田敦子さんが視力を矯正する手術であるレーシックを受けられたそうです。

以前から受けてみたいと考えていたそうで、「裸眼で生活できる事がすごくうれしい!」と喜びのコメントをブログで報告されています。

普段はメガネやコンタクトレンズを使用していたそうです。忙しいスケジュールと思うのですが、今回の手術でコンタクトのケアがなくなったり、時間短縮ができるのではないでしょうか。

前田さんは「視界が明るくなったよ〜どこまでも見えちゃう気分。念願のレーシック受けてきました」と体験談を語っています。

ファンの方のコメントを見ていましたが、「良かったね」「私も受けたいな」「へぇ、僕も受けてみたいなぁ。大人になったら・・」「私も視界よくなりたいです」といった声が寄せられていました。


>> この続きを読む




女優の恒吉梨絵さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうです。

レーシックの受診を決意したきっかけは、知人が受けていて、話を聞いたそうなんですが、「目って良くなるんだ」と驚いたみたいですね。確かに一度悪くなると戻らないよと言われる事があるので、そういう感想の方も多いのでは。

事務所の先輩である女優の田中律子さんも受けていて、マネージャーが紹介してくれて、決意したとのこと。信頼できる先輩が受けていると安心できるのかもしれません。

手術当日は、普段から緊張しない性格のため、不安はなかったんだとか。期待が大きかったからかもしれませんね。クリニック自体の落ち着いた雰囲気も良かったんだそうです。


>> この続きを読む




神戸クリニックのホームページでレーシック体験談が掲載されていました。

今回は、造花アーティストのトシヤ(トシ子)さんです。

最初にレーシックを受けたきっかけは、コンタクトを使っていたみたいですが、レンズの装着などの手間があって、時間がもったいないと感じていたみたいです。

手術の感想ですが、当日は「術後は世界が変わる」と期待が大きかったとのこと。手術の時間はあっという間だったようです。

トシヤさんは「症例数も多い神戸クリニックで五感の視覚にすごく満足しています」と体験談を掲載されています。

眼の乾燥など疲れる事がなくなった事がうれしいみたいですね。参考になる貴重な体験談をありがとうございます。

ブログを拝見しましたが、とてもカラフルでした。レーシックの影響もあるのでしょうか?とても活躍されていますね。




落合沙織さんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、普段からコンタクトをつけていただんだそうですが、開放されたいという思いが強かったんだとか。またテレビを見ながら寝たいというのもあったみたいですね。

手術当日は、ドキドキして、眼球を動かしたりしないか心配だったみたいですが、手術がすぐに終わったので安心できたんだそうです。

スタッフの方の対応も丁寧で、とても満足されています。

実際に受けた後の体験談なんですが、「心配していた目の乾燥も、コンタクトの時程気にならないし、とても楽です」とのこと。

落合沙織さん、貴重な口コミや体験談をありがとうございます。




読者モデルであるむらたさきさんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

まず受診を決意したきっかけは、普段からはメガネとコンタクトレンズを使用していたそうですが、ドライアイのために悩んでいたんだとか。

そんな時に友達に紹介されたのがきっかけみたいです。また新宿にあるのもよかったそうですね。

手術当日は、すこしためらいがあったようですが、検査に入ってからはそんなに気にならない様になっていたとのこと。スタッフの方が声をかけてくれたのも安心できたポイントなんだとか。

実際に受けた後の体験談は「メガネなどの矯正なしに見えるのは、こんなに快適なの!と感動」」とのこと。

むらたさきさん、貴重な感想をありがとうございます!




プロのバス釣り師である、並木敏成さんが神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

最初に受けようと思ったきっかけは、以前から知ってはいたそうですが、不安があったみたいてすね。

最近になって多くの方が受けているのを知って、自分も受けてみようと思ったんだそうです。

実際の手術の日は、さすがに落ち着かなかったみたいてすが、スタッフの方が手を握ってくれていたのて安心できたんたそうです。

並木さんは、遠くの景色がはっきり見えて、気持ちいいと喜びの体験談を語っています。

とても参考になる貴重な体験談ですね。本当にありがとうございます。

レーシックをに興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。




神戸クリニックのホームページにて、女優の逢沢りなさんの体験談が掲載されていました。先日レーシックを受けられたそうで、感想などをご紹介させていただきますね。

今回、受診を決意したきっかけは、日ごろからコンタクトレンズを使用していたそうですが、乾燥してはずれてしまっていたんだとか。生活も不便だったため、レーシックを決意されたみたいですね。

また神戸クリニックはマネージャーさんから紹介していただいたとのこと。

当日は、手術はあっという間に終わったそうで、受ける前からワクワクされていたようです。すごいですね!

実際に受けた後の体験談は、「眼が良くなったと実感するのは、人と待ち合わせている時で、遠くからでも相手の顔がハッキリ見える」とうれしい感想を語っています。

無事に1.2にまで視力が回復できてよかったです。お仕事にも良い影響があるみたいですので、今後の活躍にも注目ですね。

逢沢さん、貴重な体験談をありがとうございます!




ちちんぷいぷいなどの情報番組に出演されていて、フリーになったアナウンサーの八木早希さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられていたそうで、公式ホームページに体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

まず、受診を決意したきっかけは、タレントで歌手のやしきたかじんさんに神戸クリニックを紹介していただいたのがきっかけなんだそうです。たかじんさんが受けるなら、「私も受けよう」という気になったみたいですね。

手術当日は、少し不安があったそうですが、痛みはまったく感じなかったんだとか。

実際にレーシックを受けたという看護士さんに、話を聞いていたのがよかったんだそうです。

術後は、少し乾燥が気になったみたいですが、コンタクトレンズをつけている時の乾燥よりは全然楽だったようです。

実際に受けた後は、「モニターとのにらめっこも頻繁にある仕事。コンタクトの煩わしさから解放され、仕事に集中できるようになりました」と喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

また「目の疲労からくる肩こりも解消された気がします」と貴重なコメントをされていました。

0.2だった視力が、1.5にまで回復できたとのことで、無事に回復ができてよかったですね。優しいしゃべり方が印象的な八木さんなんですが、いつも番組を拝見しています。

今回は、貴重な感想を本当にありがとうございました!これからのご活躍にも注目していきたいと思います。




ホリエモンこと、堀江貴文さんが、神戸クリニックでレーシック手術を受けられていて、YouTubeで動画が公開されていました。

動画では、適応検査や手術の動画など、3つほどアップされていたのですが、神戸クリニックのホームページからも、最新ニュースとして紹介されていました。

動画の内容がとても貴重で、とっても参考になると思いますので、レーシック手術の流れをご紹介されていただきますね。


点眼麻酔

まず、本人様確認をして、3種類の目薬をさします。

最初は、麻酔、次に充血予防の目薬、最後は消毒の目薬です。

「大丈夫ですか?」という質問に、「はーい」と答える堀江さん。すごく落ち着いた雰囲気です。

キャップをかぶって、手の消毒をして、執刀する先生の説明、そして目に力をいれない様にして、オレンジの光を追ってくださいという手術中の説明がありました。

時間は約10分とのことです。

スタッフの方も7年前に受けて「それから1.5です」とお話されていました。


いざ手術室へ

手術室に移動されて、ベッドで横になる堀江さん。頭を固定されて、じっと上を見る状態で名前などを確認されています。

それからすぐに手術が始まりました。

執刀医の方が、モニターを見ながらフラップを作成。

その後、ベッドごと少し横に移動して隣の機器へ。奥のモニターには目が大きく写されています。

医師の方が、1つ1つ説明をされているのが印象的で、また女性スタッフの方が、手を握っていらっしゃいます。

レーザーは少し大きな音がしていますね。

堀江さんは、目をずっと開けた状態なんですが、点眼麻酔などで、ずっと開けていても大丈夫みたいです。

レーザーの間は、執刀医の方も「大丈夫ですよ」と声をかけていらっしゃいます。

堀江さんは、手術が終わったあとは、違和感があると語っていらっしゃいましたが、先生は「手術自体には全然問題がないので安心してください」と説明されていました。

堀江さんのツイッターの投稿をみていると、

「レーシック一週間検診終わった。視力は右左とも1.5両目で2.0キープ。夜のライトの眩しさも慣れて来た。眼のゴロゴロ感もあまり気にならなくなってきたかん。問題無し。目薬が一部弱いものでOKになった」

という様に、一週間検診が終わり、目のゴロゴロ感という違和感がなくなってきたので、問題なしとコメントされていました。


痛みについて

また、ツイッターのユーザーからの痛みについての質問では、「いわゆる痛みはないよ」と回答されていて、「手術後はかゆかったりするけど、痛くはない」と語っていらっしゃいます。


無事に視力が回復されたそうで、両眼とも1.5にまで回復されたみたいですね。

とても貴重で、参考になる体験動画を本当にありがとうございます!




ホリエモンの愛称で有名な堀江隆文さんが神戸クリニックでレーシックをうけるそうで、ツイッターでつぶやきが投稿されていました。

なんでも、神戸クリニックを選んだ理由は「運命」なんだそうです(笑)

多くの芸能人の方も受けているのですが、レーシックを受けたいと考えている時に、知人の方からおすすめされたのかもしれませんね。

すでに準備もされているそうで、また報告があるものと思います。

そんな神戸クリニックとは、どんなクリニックなのでしょうか?

アフターフォロー制度に力を入れているレーシック専門眼科で、テニスの杉山愛さんなどの多くの芸能人の方が視力回復をされている、実績のある眼科になります。

目が悪いのでなんとかしたい、と考えていてレーシックに興味がある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。




人気モデルであり、女優もされている加藤夏希さんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられたそうで、クリニックホームページで体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきますね。

今回、SBC新宿近視クリニックでレーシック手術を受けて、無事に1.0まで視力が回復したそうで、よかったですね!

加藤さんは弱視で、強い乱視があったんだそうで普段はメガネをかけていたんだそうです。

実際の手術は、両眼で約10分前後だったとのこと。

気になる術式は、近視・乱視の方でも受けられるプラチナイントラレーシック S-lineです。

実際に受けた後は、「アイラインが真っ直ぐひけることがうれしーぃ!お化粧が更に楽しくなりました。」と喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

さらに、「ステージが今ならハッキリ見えるのでギリギリまでお客様に近づけて嬉しいです。」とコメントされていました。仕事面でもプラスになっているみたいですね。

加藤夏希さん、とても参考になる貴重な感想をありがとうございました!

ちなみに、プラチナイントラレーシック S-lineでは、生涯保証制度や、経験豊富な医師、フラップ面が薄く滑らかなので、角膜が薄い方でも受けやすくなっています。




お笑いタレントの赤プルさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

ちなみに、特技は日本舞踊、イグアナ飼育というユニークなお笑いタレントさんです。

震災でもブログで無事を報告されています。本当によかったですね。

受診を決意したきっかけは、数年ほど前から知ってはいたみたいですが、先輩の芸人さんが受けていて、受けてみようかなと考えるようになったそうです。

事務所の先輩のおすすめが一番効いたみたいですね。

ネットの口コミなどを見て、「安心できる」と書かれていたので、信頼していたんだとか。

カウンセリングや検査も丁寧で好感が持てたみたいです。

実際にレーシックを受けた後は、「いや、でもとにかく、やってよかった!最高だっぺよ!というのが実感です。煩わしいことが減って、気分も前向きになりました。受けて、良かった!」とお喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

1.5にまで視力が戻ったそうで、よかったですね。赤プルさん、貴重な体験談と感想をありがとうございます。

また、心よりお見舞いを申し上げます。




タレントであり、コメンテーターでもある山本華世さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたみたいですね。

サイトで感想や体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきたいです。

まず最初に受診を決意したきっかけなんですが、8年ほど前からレーシックの事は知っていたみたいですが、少しずつ視力が落ちてきて、カンペが見ずらくなったんだそうです。

たまに芸能人の方でカンペを見るときに目を細めている方もいらっしゃいますね。

クリニックを選んだポイントは、以前の雑誌のお仕事で、吉田理事長と知り合っていたんだとか。安心感があったのかもしれません。

レーシック手術当日は、説明をしっかり受けていたそうで、当日はあまり緊張しなかったそうです。時間も短時間で終了したみたいですね。

実際に受けた後の体験談は「カレンダーは大きく書かれた何月の数字くらいしか見えなかったのが、今では、日付もすべてはっきりと見える。毎朝、見える実感とともに爽やかな気分でスタートできます! 」とのことでした。

無事に1.2まで視力が回復ができたみたいで、よかったですね。今回も貴重な感想をありがとうございました。




先日、韓国の人気アーティストであるFTISLAND(エフティ・アイランド)のイ・ホンギさんがレーシック手術を受けたそうです。

日本では2010年にワーナーミュージックジャパンから、「Flower Rock」というシングル曲でメジャーデビューをされていますね!

なんでもマネージャーの方が「ホンギが手術後経過良好です」とツイッター上で報告をしていました。

手術当日は、ちょっと怖かったんだそうですが、今のところは無事に終えたみたいですね。参考になる感想などをありがとうございます!




人気のお笑いタレント360°モンキーズの山内崇さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が紹介されていました。

最初に受診を決意したきっかけなんですが、今回は先輩の千原せいじさんに紹介していただいたそうです。

周りの芸人たちが受けていてレーシックの事は以前から知っていたそうなんですが、カンペが読めないなど、困ったことが多かったんだとか。

手術当日は、クリニックのスタッフ方の対応がすごく丁寧だったみたいで、リラックスして受けることができたんだそうです。説明を受けていたので、安心できたみたいですね。

実際にレーシックを受けた後は、「いつも頭痛に悩まされていたはずなのに、手術を受けて以来、頭痛がなくなったことです!」と喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

1.2まで無事に視力回復ができてよかったですね!山内さん、貴重な感想&口コミをありがとうございます。




神戸クリニックのホームページで、お笑いコンビ響さんのレーシック体験談が掲載されていました。

響きは、「どうもスイマセン」など見た目のインパクトなどが特徴的な人気お笑いコンビですね。

小林さんが今回レーシックを受診を決意したきっかけは、なんと番組がらみなんだとか。

普段からコンタクトレンズの取り換えなどをわずらわしく感じていた中、マネージャーさんが受けていて、おすすめされていたんだそうです。

でも、なかなか踏み出せなかったんだそうですが、番組がきっかけでレーシックを決意されたそうです。

手術当日は、最初は緊張したようなんですが、丁寧な説明を受けたあとは、どんどん早く受けたいという気持ちが高まっていったみたいですね。これはすごいですね。

実際に受けた後の体験談は「煩わしさからも解放されて、本当に快適です。視力が回復することで、こんなに毎日が充実するなんて思いもしませんでした! 」とかなり価値を感じていらっしゃいました。

視力が0.08から1.5にまで回復されたそうなのですが、本当に貴重な感想やレポートをありがとうございました。




人気のJ-POPグループであるAAAの與真司郎さんが、神戸クリニックでレーシック手術を受けられたんだそうです。体験レポートが掲載されていましたので、ご紹介させていただきますね。

レーシックの受診を決意したきっかけは、芸能界の友達から「神戸クリニックは良い」とおすすめされていたからなんだとか。また、病院もきれいで、スタッフもやさしいといのも大きなポイントだったようですね。

実際の手術当日は、ヘアキャップをかぶった時に少しこわいと感じたそうですが、スタッフの方が気を紛らわせてくださったので、安心できたとのこと。

またレーシック手術は本当に短い間だったんだそうです。

無事に1.5まで視力が回復できたとのこと。

受けた後の喜びは、頭痛がなくなったことなんだとか。また「仕事でも移動中に何の心配もなく仮眠ができます」と喜びの感想を語っていました。

とっても参考になる体験談をありがとうございました。




読売テレビアナウンサーの清水健さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

普段はコンタクトレンズを使用していたんだそうですが、不便を感じていたみたいですね。

レーシックの事は、以前から知っていたんだそうですが、不安があったんだとか。

でも周りの人がおすすめしていて、受けるんなら早いほうがいいというアドバイスを受けたんだそうです。

その後、自分なりにしっかり調べて、納得できたためレーシックを決意したんだそうです。

手術当日は、最初は痛みがあるかどうかを調べたそうで、ネットでキーワードを入力して調べたとのこと。

実際の手術はあっという間に終わったようで、「簡単に終わってしまったな」というのが感想なんだとか。

実際に受けて良かった点ですが「眼の疲れもなくなったので、気持ちに余裕ができました」とお喜びの声を語っていました。

1.5にまで無事に視力回復ができたようです。清水さん、貴重な感想をありがとうございました!




三味線プレイヤーの上妻 宏光さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、抜粋してご紹介させていただきます。

いざレーシックを決意されたきっかけですが、所属事務所の方が神戸クリニックにて手術を受けたていた事が大きかったみたいですね。また、アフターフォローなど、患者さん一人ひとりを大切にしてしると感じたからだとか。

手術当日は、少し不安があったみたいですが、コンタクトレンズやメガネのわずらわしさから解放される事がうれしかったそうです。術後は、リカバリールームで少し休んでからは徐々に慣れてきたみたいですね。

実際に受けた後の体験談ですが、感動した事は、「コンタクトレンズを長時間装着していた頃に感じた眼の疲れがなくなったこと」なんだそうです。やはり、目に関する煩わしさから開放されたのが一番だったみたいですね。

三味線プレイヤーという職業の方の声は新鮮でした。上妻さん、貴重な体験レポートをありがとうございました!




レポーターであり、タレントの花井ゆきさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうです。

貴重な体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきますね。

レーシックの受診を決意したきっかけは、タレントの山口日記さんの紹介だったんだとか。有名スポーツ選手もたくさん受けられているのも信頼につながったみたいですね。

手術の当日は、ドキドキだったそうですが、体感時間は5分くらいなんだそうです(笑)「あれっ!もう終わり?」と思ったんだとか。

術後の感想ですが、「コンタクトの面倒臭さから解放されたのが嬉しいですね。レポーターの仕事は屋外が多いので視力が良くなったことでとても仕事を楽しめてます。」と体験レポートが掲載されていました。

両眼1.5まで無事に視力が回復できたようで、本当によかったですね。花井さん、とても貴重な施術の感想をありがとうございます。




お笑い芸人「しずる」村上純さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

中学生の頃からは、コンタクトレンズをつけていたそうですが、ごろつく感じが気になったり、レンズを落としたりすると、裸眼で舞台に立つことになったりと不便さを感じていたみたいですね。

また、周りの芸人さんも受けていて、それを聞いて、自分も受けたい!と思ったんだそうです。

手術当日は、きれいな女性スタッフの方に目がいったそうですが(笑)

クリニックもきれいで、事務的ではない対応がうれしかったみたいで、それに安心できたとのこと。

実際にレーシック受けた後は、「コンタクトレンズ時代のそんな面倒くささから解放されたのがうれしいですね。今では、眼が悪かったことを忘れて生活しています」と喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

仲間の芸人さんと受けに来ていたので、比較的落ち着いていたみたいです。大変参考になる、貴重な感想をありがとうございました!




タレントで、鉄道アイドルの木村裕子さんが、レーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、テレビの仕事でもカンペが読みにくかったり、コンタクトレンズにしても、レンズが怖かったんだそうです。

当日は、今何をしていて、次はどうなっていくのかをしっかり教えてくれたので安心できたそうです。

実際に受けた後は、「遠くの看板がはっきり見えること、道路を挟んで向かいのスーパーで売っている玉ねぎの値段が見える」と体験談を語っていらっしゃいます。

無事に視力回復ができてよかったですね。鉄道アイドルの木村さん、貴重なレポートをありがとうございます。




人気の若手お笑い芸人である、ジャルジャルの後藤淳平さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。早速、こちらにてご紹介させていただきますね。

後藤さんがレーシックを受診を決意したきっかけは、コンタクトレンズ使っていたそうですが、とても不便だったみたいで、仕事のときも「フリップ」が見づらいなど、不便さを感じていたんだとか。

確かに、お笑い番組では、よくフリップが見えない・・っとコメントされている芸人さんがいますよね!

さらに、多くの吉本芸人の先輩がレーシックを受けていて、検査も手術も先輩と一緒に受けに行ったみたいですね。

手術当日は、とても緊張したんだそうで、看護師の方が手をつないでくれていたので、恐怖が半減したとのこと。

実際に受けた後のコメントですが、「一歩踏み出したら世界が広がると思います。災害時のこととかはもちろん、ずっと先のことを考えたら価値がありますからね」と体験談を語っていらっしゃいます。

また、「料金は大事です。あんまり安いと「どこかで手を抜いてるんちゃうかな」とか不安になります」と、神戸クリニックの料金についても語られていました。

視力が良くなった事で、仕事でも影響が出ると思いますので、キングオブコントやテレビ番組でも、さらに作りこんだコントが見れそうですね(笑)

大変参考になります。ありがとうございます。




タレントでダンス振り付け師のKABAちゃんさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきますね。

受診を決意されたきっかけは、お友だちの紹介なんだとか。また、事務所から近かったのと、スケジュール都合を聞いてもらえたのもポイントなんだそうです。

手術当日は、「まばたきしちゃわないかな?」と心配になったそうですが、ワクワクしていたんだとか。すごいですね!

実際に受けた後の体験談は、「コンタクトが合わなかったりすると、メイクに十分な時間が取れなかったり。コンタクトのせいで充血しちゃう。でもそんなコンタクトのストレスから完全に解放されましたね」とのこと。

レーシックそのものには、抵抗はなかったそうで、両眼とも、1.5にまで戻ったんだそうです。

無事に視力回復ができてよかったですね。KABAちゃんさん、貴重な感想をありがとうございます。




タレントの磯山さやかさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、ホームページに体験談が掲載されていましたので、こちらでご紹介させていただきます。

手術を決意したきっかけは、東原亜希さんのご紹介なんだそうです。また、他にも神戸クリニックで受けられた方が多かったそうで、信頼できたとのこと。

手術当日は、東原さんなど、周りの方が安心する言葉をかけてくれたので、安心できたそうです。また、手術中は「大丈夫ですよ」とスタッフの方に声をかけていただいたので、心強かったんだとか。

実際に受けた後は、「忘れてしまった日には遠くのものは見えないし、カンペも見えず、台本は全部短時間で暗記しなければいけないし、とにかくたいへんでした。今ではコンタクトなしでもばっちり見えているので何の心配もストレスもなく快適です。」と体験談を語っていらっしゃいます。

左右どちらも、1.5にまで回復されています。

とても参考になりますね。磯山さやかさん、貴重な感想をありがとうございます!




俳優の玉山鉄二さんが、神戸クリニックでレーシック手術を受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、知人の紹介なんだそうです。また、「技術と信頼に尽きる」という考えがあったため、じっくりと調べた結果の選択だったんだそうです。

実際の手術当日は、不安だったそうですが、大勢のスタッフさんの笑顔を見て驚いたそうです。それとともに、安心したんだとか。

実際に受けた後の体験談は、「もう一つは、何より普段見ていた景色が綺麗だったのだと気がついた事。窓の外を見る事、遠くを見る事。こんなに感動できる事が身近にあったのだと。」とのこと。

無事に視力回復ができてよかったですね。玉山さん、とっても貴重な感想をありがとうございます。




島袋、今井、上原多香子(26)の3人が視力矯正のレーシック手術を受けたそうで「みんなの顔がよく見えるよ」と大はしゃぎ。


SPEED:メンバー3人がレーシック手術 より

人気歌手グループである、SPEEDの島袋寛子さんと、今井絵理子さん、上原多香子さんの3人が、レーシック手術を受けていたそうです。

再結成後初の全国ツアーライブでは、「みんなとまた楽しい時間を過ごせ、うれしい」「(解散後、島袋、今井、上原の)3人はレーシックの手術を受けたのでみんなの顔がよーく見える」とコメントしてます!

歌手の方でも、受診される方が増えているようですね。たしかに、ライブなどでは、激しいダンスがあるので、メガネはかけれないし、遠くの人が見えないという事が多かったのかもしれませんね。

4人中、3人が受けているんですね。現在の見え方たなどをインタビューして聞いてみたいです。貴重な発表?をありがとうございました!




僕は元々そんなに目が悪いわけじゃなかったので、コンタクトはしてませんでした。視力が落ちてきてからメガネをちょっとずつかけ始め、この一年は家でもずっとメガネ。


眼鏡のあと より

放送作家である鈴木おさむさんが、自身のブログでレーシックを受けたと報告されています。

視力は0.1から、1.5になったんだそうです。

普段はメガネをかけていたそうですが、ストレスを感じていたんだとか。そこで、思い切って受けられたんですね。


「で、レーシックにより、ノーメガネ生活。メガネがないことがこんなに快適だとは!映画の字幕もノーメガネで見える!見える!」


この様に、良く見えるようになってから、映画を見たんだそうですが、字幕がメガネなしで見える事に感動されています。

奥さんも受けているそうです。この様に、夫婦でされる方が多いんですね。周りでも、まずはダンナさんが受けて、次に奥さんが・・というパターンが多いみたいです。

鈴木さんもメガネを理由の1つにあげていらっしゃいますが、特に、女性は見た目の印象が気になるそうなので、メガネが嫌で受けたという方が多いです。

テレビ番組(「キミハブレイク」)もよく拝見していますが、無事に終えられて良かったです。参考になる貴重な体験談をありがとうございます。




こんなにもストレスなく視力を手に入れられるのなら、何故もっと早く受けなかったんだろうと思います。逆に悪かった事が全く見当たらないです。


品川近視クリニック公式サイト より

人気お笑いコンビのアンジャッシュ渡部建さんが、品川近視クリニックでレーシック手術を受けたそうです。「品川近視クリニックでレーシック手術で視力が0、06から両目とも1、5になりました!」とブログで発表されています。

なんでも渡部さんは、以前からコンタクトが面倒だったみたいで、おもいきってレーシックを受けたんだそうです。

渡部建のわたべ歩きというブログの記事では、「コンタクトで得る視力と違って、とても視界がクリアーに!世の中はこんなにキラキラと輝いていたのね!」と受けてよかったというコメントをされています。とっても素直なコメントですね(笑)

ちなみに、こちらのブログは、ラーメンなどおいしそうな食べ歩きブログになっているので、記事を読むのも楽しいですね。

品川クリニックの公式サイトで体験談が掲載されているので、読ませていただきました。手術当日もスムーズにいったようで、無事に終えられてよかったです。参考になる体験談をありがとうございます。




「近未来な手術室」で目を異様に開けさせられたまま瞬きひとつできず、まるで「まな板の鯉」だった。


川島なお美 「007」の世界を体験 より

前回もお伝えしていた、川島なお美さんのレーシック体験談ですが、2009年1月13日のブログで無事に成功したと報告されています。

「いやぁ、お正月DVDで見た007の世界でした」と今までにない体験だったと語られています。

担当医の方が終始、「いいですねぇ素晴らしいです、いいポジションです、完璧ですPerfect!」という褒め言葉がいっぱいあったみたいで、「誉め上手のカメラマンの前に立ってる時みたいな妙な恍惚感」という独特の表現をされていました。

たくさんのレーシック体験談を見てきましたが、この表現は、新鮮。

手術は20分くらいで終わったものの、その日は視力は安定しなかったそうですが、次の日には裸眼で両目とも1.5になっていたそうです。それからも徐々に回復していったそうです。

1週間は目の周りのメイクが禁止されているとの事。しばらくお仕事は休みなのかな?

それにしても、無事に終えられて安心したようですね。参考になります。体験談をありがとうございました!




もっとも、目が悪くてよかったこともあった。それは、芝居の中での号泣するシーン、ラブシーンを演じるときだ。コンタクトレンズを外すことで泣く芝居がしやすかったし、ラブシーンでは「スタッフさんの顔も見えないから入り込めたし、ラブシーンは相手役しか見えない」ために、集中できたそうだ。


川島なお美、視力回復手術「忘れられない記念日に」 より

女優であり、ワインエキパートの資格を持っていて、名誉ソムリエ、4大仏ワイン産地の騎士号を叙任している川島さんがレーシック手術を受けるそうです。なんでも近視歴30年目の大決断のようですね。

普段はめがねやコンタクトレンズを使用していて、もともとドライアイだったという川島さんですが、レーシックについては、「忘れられない記念日になりそう」「目から鱗?世界が変わるかな?」とコメントしています。

決意のきっかけは、ラブシーンの泣くシーンでの演技なんだとか。コンタクトレンズをはずすことで、とても演技に入り込みやすいそうです。裸眼で演技をしようという川島さんの女優魂を感じます。

川島さんは「川島なお美の愛犬日記」というブログをされていますが、こちらでもその様子は見れるのでしょうか?気になるところですが、手術の成功を願っております!




お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんは、視力回復手術「レーシック」を受けたと2008年7月25日のブログに書いている。「私、昨日、レーシックを受けてきました。神戸クリニックさんで受けてきました」


ハリセンボン・近藤春菜、視力回復も「キャラ変えない」 より

お笑い芸人であるハリセンボンの近藤春菜さんがレーシック手術を受けたそうです。

「あっというまの手術で、今は1.5くらい見えてるの。まだ1日しか経ってないから、完全じゃないけど、0.04が1.5だよすげくない?!」

とコメントしています。

「角野卓造じゃねーよっ」のギャグが見れなくなるのかな〜と思ったんですが、なんとメガネをかけ続けると話していました(笑)これぞ芸人根性ですね。

彼女のブログにて記事が見れますので、参考にしてみてくださいね。

よしもと芸人ハリセンボン近藤春菜ブログ。
http://harisen-kondo.laff.jp/




自分は医者としての感動を味わうのではなく、一人の患者としてレーシックを受けてみたいと思いました。眼が見えるようになるという感動をしっかりと自分で味わいたいという思いから、手術を受ける決意をしたのです。


神戸クリニック、吉田理事長のレーシック体験談! より

今回の体験談は、レーシック専門である神戸クリニックの理事長を務める吉田さんです!

吉田さんといえば、アメリカにわたり、医療技術や技術スタッフを含め、最先端のレーシック現場を見て、「この素晴らしい医療技術を何とか日本に広めたい」という思いで日本に技術を持ち帰った方です。

その吉田さんのレーシック体験談が神戸クリニックのホームページで紹介されています。

始めは、それほど緊張感もなく当日を迎えました。

そうは言っても、手術用のキャップをかぶった瞬間から、何やら緊張している自分に気がつきました。

私は眼科医で、安全性も、素晴らしさも、手術の工程も、使用する機材も必要な薬品も、合併症も、周りのスタッフもすべて知っとるのに、なんでこんな緊張せなあかんねんと我を疑うと同時に、これが普通の患者さんであったらどんなに緊張することかと、改めて考えさせられた。

といった心境を語っています。

右目の手術が始まるまでの瞬間が、一番緊張したそうで、右眼の手術は約5分で終了し、
ホッとしたのと同時に妙な安心感を覚えたんだそうです。そして両眼とも無事完了。

終わってすぐは、眼に見えるものは何か霧のかかった世界のような「ボ〜」っとした感じ。でも確かに、遠くのものが見えている。そして、感動は、翌朝訪れました。時計の時刻が見える。
メガネがないのに、部屋の中のものすべてが見える。本当だ!

本当に視力は確実に回復する。机上の知識はあるものの、その数値変化をまさに実体験しているのですから、これほどの感動はない。見えないものがある日突然見えるようになる。これはまさに驚きと感動以外の何ものでもないでしょう。

このように自分でレーシックを体験して、安全性はもちろん、痛みが伴わないことを実感。驚くべき短時間で視力が回復し、今まで見ていた世界が嘘のようにはっきり見えることが確認できたんだそうです。

レーシックの正しい認識を持って、信頼できる医師のもとでレーシックを受ける事が大切だと思わせてくれた体験談でした。

詳細は神戸クリニックの吉田理事体験談を参照ください。




たくさんのコメントありがとうございました。目の手術{LASIK}やってきました(^-^)。これからLASIKを受けようと思っている方の為に、昨日の様子をお伝えします。


レーシック結果報告|マギー審司オフィシャルブログ powered by アメブロ より


マジシャンのマギー審司がレーシック視力回復手術(LASIK)を受け、自身のブログで体験レポートをされています。

マギーさんは何年もこの手術を受けることを待ち望んでいたらしいのですが、はて実際のところどんな感じだったのでしょうか?

ブログによると、まず始めに髪の毛が入らないようぼうしをかぶり、普通に目薬をさして目に麻酔をします。

そして手術室に移動し、ビニールのような粘着テープで瞬きが出来ない状態に固定します。

麻酔が効いてると言っても、やっぱりちょっと不安だったそうですが、赤い光が常に点滅していて「赤い光を見ていて下さい」と言われ、先生が優しく声をかけてくれたので緊張がほぐれてきたそうです。その後、全然痛みは無くて15分くらいで終わったんだとか。

手術直後は、周りはぼやける感じはしたが、この時には裸眼でもだいぶ見えるようになっていたとの事。

一夜明けた次の日には、周りのぼんやりした感じや違和感もなくなり、世界が変わったそうです!

そして一言、「目が見えるようになっちゃった!!!」

でっかくなっちゃったわけじゃないんです。

手術自体は結構あっという間に終わるみたいですね。あとは術後の違和感もすぐなくなったみたいなんで、マギーさん、無事にレーシックが終わってよかったですね。

大変参考になる体験レポートでした。本当にありがとうございます!




【 手術当日 】 とても緊張していました。 手術中は、先生が優しく声をかけてくださって、安心することができました 【 手術翌日 】 まだ手術の疲れが少しありましたが(光がまぶしく感じたり)、メガネもコンタクトもしないでハッキリと見えることが、とても嬉しく感じました。


さとうやすえさんの品川近視クリニック・イントラレーシック体験談 より

さとうやすえさんは普段からメガネとコンタクトの併用で、眼の疲れに悩んでいたんだとか。周りの体験談などを参考にしているうちに、レーシックを受けようと思ったそうです。

レーシックを受けたあとは、朝の目覚めからハッキリ見え、何をするのにもとても快適!と大変満足されているようです。犬の散歩や、大好きな映画、仕事もメガネやコンタクトなしで見ていることに大変感激されていました。

この様に、周りの体験談がきっかけでレーシックを受ける方が多いみたいですね。

▼品川近視クリニックのみんなの体験談




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元