プロスノーボーダーの滝沢葵さんが約3年前にレーシックを受けられたそうで、神戸神奈川アイクリニックのブログにて体験談が紹介されてました。

その際に視力検査をされたそうですが、右が1.5、左が1.5 だったんだそうです。ほとんどそのまま。すごいですね!

約3年がたっても視力を維持されているんだそうで、とっても参考になりますね。

とはいえ、滝沢さんは、元はコンタクトレンズを愛用されていたんだとか。でも煩わしさもあり、レーシックに興味を持っていたんだそうです。

術後は、コンタクトをの準備や手入れがなくなったことで、時間的に余裕ができてとても楽になったんだそうです。


>> この続きを読む




北海道日本ハムファイターズの今浪隆博さんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けらました。

サイトに体験談が記載されていましたので、こちらでご紹介させていただきますね。

始めに受診を決意したきっかけ・動機は、両親が視力矯正の手術を受けていたそうで、チームの方におすすめされたのが大きかったみたいですね。

レーシック手術の日は、不安もなく、安心して受けられたんだとか。すごいですね。

コンタクトレンズの関係で、見えづらくてミスにつながる事が何度かあったそうで、プレーに大きく影響していたみたいですが、


>> この続きを読む




元体操の選手であり、タレントの池谷幸雄さんの体験談が神戸神奈川アイクリニックに掲載されていましたので、ご紹介させていただきます!

バルセロナ五輪オリンピックの団体で銅メダルなどを受賞している、有名な方ですね。

池谷さんは、以前から興味があったそうで、かな〜り始めの方から知っていたんだとか。

そんな中、友人の方が受けるという事で、誘われたのがきっかけなんだそうです。

手術中は、看護師の方が「大丈夫!」と優しく声をかけてくれたので、安心できたみたいです。

不安な中でこういった声はありがたいですよね!

普段はコンタクトレンズをつけていたみたいですが、体操を教える際にも役立っているそうです。

池谷さんが「もっと早く受けていればよかったと思うほどです」と感激の体験談を語っていらっしゃるのが印象的でした。


>> この続きを読む




プロサッカー選手で有名な稲本潤一さんが、神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けられたそうです!

ホームページに体験談が掲載されていましたらの、こちらでご紹介させていただきます。

なんでも稲本さんは、日々コンタクトレンズを使用していて、機敏な動きの際にズレたり、ボールをふと見失うことがあるなど、気になっていたそうです。

チームメイトやお知り合いの方から紹介された事がきっかけで受診を決意されたみたいですね。

個人的にもいろんな情報を集められたそうで、他のクリニックで受けた方の体験談や意見なども参考にされたそうです。

でも、みんな神戸神奈川アイクリニックがいちばん良いという声が多かったんだとか。

手術当日は、来院をして、すぐに人気なのが納得できたそうで、手術の直前までは心配だったとのこと。

待合室で、すでに受けられた方を見たりしていたそうです。

そしてキャップをかぶって、ベッドに固定されて、目薬をしてもらったりしている間に、あっという間に終わっていたんだとか。

手を握ってもらっていたので、安心できたとのこと。やっぱりこういった気遣いは大切ですよね!


>> この続きを読む




神戸クリニックのサイトによると、プロサーファーである阿部友子さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうなので、体験談をご紹介させていただきます。

レーシックについては、阿部さんは、以前から雑誌などで見かけていて、気になっていたんだとか。

他のサーファーの方も神戸クリニックで受けていたのが気になっていたみたいですね。そしていざ手術へ。

実際の手術では、エピレーシックを受ける事になったそうで、さすがに最初は不安があったみたいです。

でもスタッフや医師の方から、しっかりとした説明があったので、安心できたんだとか。いろんな気遣いをしてもらった事でリラックスできたのかもしれませんね。

そして、手術があっという間に終了してしまった事に、とっても驚いたそうです。

術後の感想や評判なんですが、コンタクトレンズの手間がなくなったため、時間の短縮ができているとのこと。


>> この続きを読む




プロゴルファー池田亜規さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたとのこと。参考になる体験談が掲載されていました。

以前にタイガー・ウッズがレーシックを受けていたので、興味があったそうです。

そんなある日、知人からコンタクトをつけすぎて、メガネしかだめになった、という話を聞いて、「それは嫌だ・・」という事で、手術を決意したみたいですね。

手術当日は、特に不安や緊張はなく、順調に終わったとのこと。


>> この続きを読む




総合格闘家である門馬秀貴さんが、SBC新宿近視クリニックで、レーシックを受けられました。

ホームページで体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます!

レーシックを受けられたきっかけは、試合の最中にコンタクトレンズが外れると大変で、打撃が見えにくくなってしまうというのが大きかったみたいですね。ラゼック治療を選択されています。

まず眼圧チェックや、視力検査などの適応検査を受けて、先生にもしっかりと質問に答えていただけたとのこと。

実際の手術の当日は、多少の不安があったものの、医師の方やスタッフの方の説明を聞いて、安心できたそうです。


>> この続きを読む




プロのスノーボーダーである奈須沙織さんが、神戸クリニックでレーシック手術を受けられたんだとか。

クリニックホームページでは、その時の体験談が掲載されていましたので、こちらでご紹介させてください。

まずレーシックの受診を決意したきっかけなんですが、7年ほど前から知っていたんだそうですが、まだテレビなどでも見かけなくて、少し不安があったみたいです。

その後、実際にレーシック手術を受けた友人の話がきっかけで、受けてみようと決意されたみたいですね。

神戸クリニックは、アフターフォローがしっかりしていて、受診者の満足度が高いという眼科。

手術の当日は、手術台に寝た時には不安を感じたんだそうですが、スタッフの方の手をしっかり握って安心できたそうです。メインの手術の時間はあっという間で、驚いたとのこと。


>> この続きを読む




ビーチサッカーのラモスジャパンの選手3人が神戸クリニックでレーシックを受けられています。

先日、ワールドカップがイタリアで行われ、おしくも日本は敗退してしまいましたが、帰国後にレーシックの術後の検診で来院されたそうです。

今回、クリニックに来院されたのは新垣さん、鈴木さん、照喜名さんです。

スポーツ選手の方は視力によって成績などが変わるため、メリットを感じて受診される方が多いようです。

視力が回復してからは、ライフスタイルや生活習慣も改善されたという体験談をよくみかけます。

選手達の経過は良好の様で、神戸クリニックのブログで笑顔の写真が掲載されています。




プロゴルファーの大谷奈千代さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

以前から、先輩の女子プロ選手に話を聞いて、興味があったみたいですね。

それから、プロ野球の選手からレーシックの事を聞いて、また受けてみたくなったんだとか。

手術当日は不安はあまりなく、痛みもなかったんだとか。手術の後は、少しぼんやりとした感じだったそうですが、帰りは1人で帰れたとの事。

実際に受けた後の体験談は、「タイミングとして本当に良かったと思っています。すべてが良かったと感謝できる日々」とのこと。

夜のライトや光が眩しいという事もないそうで、無事に視力回復ができてよかったですね。大谷さん、貴重な感想をありがとうございます。




プロゴルファーの深堀昌之さんのレーシックの体験談が、神戸クリニック公式サイトに掲載されていましたので、ぜひご紹介。

手術の事は数年前から知っていたそうですが、ある時期にお兄さんが情報を集めていて、いろいろと教えてくれたんだとか。

それから自分でも調べて、コンタクトの料金と比較して、受けたいなと思っていたら、知人や周りのゴルファーの方がたくさんレーシックを受けていたんだそうです。

それで実際に受けた方の体験談を聞いて、安心できたため、ぜひ受けようと思ったようですね。

実際に受けた後は、「日常生活がすごく楽になってストレスも減りました。またプレーに集中できるので、レーシックを受けて本当によかったです」と体験談を語っていらっしゃいます。

肝心な視力は、1.5にまで回復したとのこと。深堀さん、参考になる口コミをありがとうございます。

神戸クリニックは、アフターフォローが充実している専門クリニック。著名な芸能人やスポーツ選手なども受けているので、テレビでもよく話題に上がりますね。




プロゴルファーの木嶋崇人さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、実際の体験談が掲載されていました。

なんでも受診を決意したきっかけは、キャディ仲間と話をしている時に知ったんだとか。

海外ではタイガー・ウッズもレーシックを受けているという話を聞いて、興味をもっていたみたいですね。

それから数年たって知人などが受けていて、紹介してもらう事になったんだとか。

手術当日は、怖いと感じることはなく、わりと平気だったみたいですね。なんでも、知人などが受けていて、大丈夫という認識があったのかもしれません。

「うれしかったのは、コンタクトレンズを着けなくても、周りが見える!という事でした」とのこと。

また「飲んで帰って、そのまま寝ても大丈夫って、やっぱり良いですね」と体験談を語っていらっしゃいます。両眼ともに1.5にまで回復されたとのこと。

神戸クリニックはアフターフォローなどが充実しているクリニックで、その他の方の体験談を見ても、安心という口コミが多数見られました。




ヤクルトスワローズ選手の橋本義隆さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます!

まず初めに、受診を決意したきっかけは、周りにレーシックを受けた選手が多かったそうで「受けてよかった」と語っていたんだとか。

その選手がいいプレーをしているのを見て、興味を持ったんだそうです。

レーシック手術の当日は、緊張はしていたんだそうですが、怖さはなかったみたいです。

実際に受けた後の体験談は「災害が起きた時、眼鏡がないと行動が制限されてしまうのが怖い。でも今はその心配もなくて安心」とのこと。

無事に視力回復ができてよかったですね。橋本さん、とても貴重な感想をありがとうございます。




キックボクサーの石川直生選手さんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられました。こちらで体験談をご紹介させていただきます。

普段はコンタクトをつけていたそうですが、外すのが煩わしいという事と、練習中にコンタクトがはずれたりするのが嫌だったみたいですね。

受診を決意されたきっかけなんですが、格闘家の方がたくさん受けているのを見て、決心されたんだそうです。

手術当日は、来院して、先生やスタッフの方のお話を聞いて安心できたんだそうで、調べたりして安心感が出てきたみたいです。

実際の手術はすごくあっという間で、ボーッとしていると終わりますとのこと。

実際に受けた後の体験談は、「最初は知識などがないので手術が怖かったけど、教えてもらっていくうちに、怖さがなくなってきたのでよかった」とのこと。

1.2にまで回復したそうで、貴重な感想をありがとうございます。

SBC新宿近視クリニックは顧客満足度調査でも上位にランクインしていて、口コミなどでも人気が広がっている、注目のレーシック眼科です。

受けてみたいけど、どうだろうと迷っている方も多いと思いますが、一度、適応検査を受けてみていただければと思います。




日本ハムファイターズの選手である糸井嘉男さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられました。

なんでも、受診を決意したきっかけは、大学の頃から遠くが見えなくなっていたそうで、わずらわしさを感じていたとの事。

先輩である選手の方が受けていたのも大きかったみたいですね。

手術当日は、早く見えるようになりたいという気持ちが大きかったため、あっという間だったんだとか。

実際に受けた後は、「今までは景色もぼんやりとしていました、それが今ではパキパキ見えて、感動しています」と体験談を語っていらっしゃいます。

神戸クリニックはアフターフォローが充実している専門眼科です。芸能人や一般の方の口コミなどをよく見かけますね。

興味がある方は、ぜひ一度、適応検査を受けてみてください。




スキージャンプ選手の竹内択さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられました。貴重な体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、いつもはコンタクトレンズをしていて、競技にはずれたり、集中できない時があったんだとか。

やはりジャンプに集中したかったためレーシックを受けたとのこと。

手術の当日は、不安や怖さがあったものの、オペ台にのってからは落ち着いて受けることができたそうです。

実際に受けた後の体験談は「煩わしさから解放されて、今は、競技に120%集中できるようになりました」とのこと。

アフターフォローなど、口コミでも評判の神戸クリニック。

目の乾きから開放されたのも大きかったみたいですね。ホントに貴重な感想をありがとうございます。




プロフットサル選手である横江怜さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたとのこと。

そこで、神戸クリニックの公式ホームページに体験談が掲載されていましたので、ご紹介させてください。

プレー中は、メガネもコンタクトレンズもつけないという横江さん。20歳のハタチを過ぎて、視力が悪くなってきたんだそうで、サインが見えないというのも問題を感じていたんだとか。

ある時、知人の方がレーシックで視力回復をして、自分も受けたいと思ったんだそうです。

手術当日は、事前にしっかり説明を聞いていたので、安心できたんだそうです。

不安よりも視力が良くなるという期待の方が大きかったみたいですね。

実際に受けた後の体験談ですが、「プレー中もサインがよく見えて、プレーの判断も早くなりました」と早くもプレーに良い影響があったんだとか。

また「興味はあるけど踏ん切れない、または決心ができない、という方は、適応検査などでお話だけでも直接聞いてみることをおすすめしたいです」と心強いメッセージを送られています。

無事に視力回復ができたみたいですね。横江さん、参考になる感想をありがとうございます。

神戸クリニックは口コミでも評判の良いレーシック専門眼科。興味がある方は、一度適応検査を受けて、先生にお話を聞いてみてください。




神戸クリニックのホームページで、プロゴルファーである小松亜有さんの体験談が掲載されています。

10年くらい前にお父さんがレーシックを受けていたため、手術のことは知っていたみたいです。

小松さんは強風だと目が痛くなって、プレーにも影響がでるので、レーシックに興味があったみたいですね。

また花粉症で悩んでいたのも大きかったそうです。単純にコンタクトレンズが不便というのもきっかけなんだとか。

当日の朝はちょっと怖いなという気分だったようですが、スタッフの肩が丁寧に説明してくれてリラックスできたそうです。

実際に受けた後の体験談は、「コンタクトレンズをはずし忘れたと思うくらいに鮮明。錯覚しているような不思議な感覚」とのこと。

メガネをかけなくていい事が幸せです。と感想を語っていらっしゃいました。

左右ともに1.5にまで視力が回復ができたそうでよかったですね。小松亜有さん、貴重な感想をありがとうございます!




元バレーボール選手の宝来麻紀子さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたんだそうです。ホームページには、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

レーシックを決意したきっかけは、コンタクトレンズがないと生活にも支障があったそうです。特に大きなトラブルがあったというわけではないそうですが、不安だったんだとか。

手術当日は、角膜の厚さの関係で、エピレーシックを受けることになったんだそうです。当日は緊張はしなかったそうで、手術もすぐに終わったとのこと。

実際に受けた後の体験談は、「神戸クリニックの清潔さやスタッフの皆さんの対応が誠実で、本当に安心して受けることができました」とのこと。

参考になる貴重な感想をありがとうございました。




プロフットサル選手である市原誉昭さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、その体験談が公式サイトで掲載されていました。

なんでも、市原さんがレーシックを受けられたのは、コンタクトレンズだと頭が痛くなって、練習に身が入らなくなる事がきっかけでした。

また、プレー中にコンタクトレンズがずれたり、いろいろと気になっていたのもわずらわしかったみたいですね。

多くの選手が神戸クリニックでレーシックを受けていたのも決意のポイントになったそうです。

実際の手術の日は、少し緊張したそうですが、期待も大きかったんだとか。

術後は「ボールがはっきり見えて、視野も広がった」と喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

左が0.15から、1.5にまで回復されたそうで、無事に回復できてよかったですね。

レーシックを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。




プロ野球選手である伊藤義弘投手が、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられました。公式ホームページで体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

手術に関しては、友人が受けていて、その時に知ったんだそうです。

受診を決意したきっかけは、目が乾いて、プレーにも影響が出るようになったため、決意されたみたいですね。

伊藤さんが受けられたのはプラチナイントラレーシックです。フラップ面が薄いという特徴があります。

手術当日は、多少の不安はあったみたいですが、だんだんと目が見えるようになっていったとのこと。

実際に受けた後は、「レーシックを受けて良かったと思います」と体験談を語っていらっしゃいます。

無事に視力回復ができてよかったですね。プロ野球選手である伊藤義弘投手さん、貴重な感想をありがとうございます。

生涯保証制度などのアフターフォローなども充実しているSBC新宿近視クリニック。興味がある方はぜひ適応検査を受けてみてください。




プロ野球選手であり、北海道日本ハムファイターズの二岡智宏さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

なんでも受診を決意したきっかけは、監督に進められたからなんだとか。

二岡さんは、野球の時もコンタクトレンズを活用していたそうなんですが、ずっと不便さを感じていたんだそうです。
また風が強い日には、土やホコリが目に入って大変だったんだとか。そこでレーシックを受けていた梨田監督から、手術をすすめられた事がきっかけで決意したんだそうです。

レーシックの手術当日は、スタッフの方の対応が、とても優しくて丁寧だったのが印象的だったそうで、検査の結果受けることができて安心したとのこと。多くの方が受けていることで信頼をしていたので、怖さはなかったんだそうです。

たしかに、最初は不安かもしれませんが、最近では多くの方が受けているのと、手術の説明を受けることで、衛生面などの管理についても安心できると思います。

二岡さんは実際に受けた後は「朝起きてメガネやコンタクトレンズに煩わされずに行動できるのが何よりうれしい」と素直な喜びを語っていました。

手術についても「手術はあっという間に終わります。視力の悪い人には、ぜひ、この視界を体験してもらいたい」と体験談を語っていらっしゃいます。

1.5に無事に視力回復ができてよかったですね。参考になる体験談をありがとうございました!




元ビーチバレー選手の楠原千秋さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

お姉さんからレーシックの事を聞いていたそうで、興味があったみたいですが、現役中はなにかあるといけないので、引退後に受けようと決めていたんだそうです。

コンタクトを何十年も使うのがいやだったみたいですね。知人の方が受けていたのも大きかったようです。

いざ手術当日なんですが、「スムーズに手術できなかったらどうしよう」と多少は不安になったみたいですが、終わってみると取り越し苦労だったんだそうです。よかったですね!

実際に受けた後は、「もう少し早く受けて選手生活をしていたら、オリンピックでももう少しいいプレーができたかも」と感じたそうです。

また「勇気を出して受けてよかったです」とお喜びの体験談を語っていらっしゃいます。

両眼で1.5まで視力回復ができたんだとか。楠原さん、とっても貴重で参考になる感想レポートを本当にありがとうございます。




レスラーのドラゴンキッドさんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたんだとか。

参考になる体験談が掲載されていましたので、少しご紹介させていただきます。

メガネやコンタクトレンズ いつかは受けたいとも思っていたんですよね 

レーシックを受けると決意したきっかけは、知人に話をして神戸クリニックを紹介してもらった事でした。スタッフさん達の対応がとても良かったみたいで、その時に「受けたい」という思いが強くなったようですね。

なんでもカスタムビューピーアールケー(PRK)を受けたんだそうで、手術直前になると、すごく緊張したみたいですね。でも女性の看護士さんが、手をつないでいてくれたようで、すごく安心できたみたいです。

実際にレーシックを受けた後は「これまでは目が悪いことがコンプレックスでしかなかったのですが、裸眼視力がよくなってすごく調子がいいと感じています」と体験談を語っていらっしゃいます。

見事に視力が1.5にまで回復されています。

この先の40年〜と続いていくので、視力が良くなった事は、大きく人生にプラスになると大きな価値を感じているみたいですね。

参考になる体験レポートをありがとうございます。




オリックス・バファローズのT−岡田(岡田貴弘)選手が、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

なんでも受診を決意したきっかけは、先輩の紹介なんだそうですが、普段のバッティングの練習をしている際に、低めの選球に違和感を感じていたんだそうです。コンタクトは不便だし、迷っていたんだとか。

手術当日は、痛みもなかったそうで、オレンジ色の点滅する光を見続けている間に手術が終了したみたいですね。

実際に受けた後は、「去年までとは違って視力が明らかに良くなった今年は、さらに良い結果を残したいとと思っています」と喜びのコメントをされています。

また、2010年の最多本塁打賞を受賞されました。すごいですね!

とても参考になる貴重な感想をありがとうございます。




プロスノーボーダーの中尾弘さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、だいぶ以前から知っていたそうですが、知人の後押しがあったのが大きなポイントなんだとか。また、コンタクトにも強いストレスを感じていただんだそうです。

手術当日は、ドキドキしていたそうですが、事前に説明を受けていたのがよかったみたいですね。

また、看護師の方が手を握ってくれたおかげで、緊張がとけて落ち着いたんだそうです。

やはり、この気遣いがあるか無いかでは、大違いなんですね。

実際に受けた後の体験談は、「コンタクトレンズで目を傷つける心配もなくなり、いろんなことに集中できるようになって、便利さや快適さを実感しています」とのこと。

私が特に気になったのは、「以前は人の顔をしっかりと見て話をしていなかったような気がします。今は相手の目を見て話ができるようになったと思います」という体験レポートです。

これは、確かにメガネとかだと、ちょっとだけ自信がなくなるという方が多いので、かなりのメリットだと感じました。




レーシックに関する口コミ情報をいろいろ調べていたら、たくさんの声が掲載されていました。

教えてgooなど、大手口コミサイトより、実際に手術を受けた方の体験談をまとめてご紹介させていただきます。

最初は、1年ほど前に受けたという方です。

「神戸クリニックでレーシック手術受けて1年とちょっとたちました。安定してきて、夜間のフレアが気持ちのこっている意外は問題ありません。眼鏡を外す癖もなくなりました」

メガネをはずす癖もなくなったんだそうです。

次に、最近受けた方ですね。

「昨日広尾でアイレーシックしました。してよかった!痛くなかったです」

痛みもなかったみたいで、おすすめされています。

最後に、視力が1.5でキープできているという方です。

「神戸クリニック広尾にてアイレーシックを受けました。術後も1.5をキープし続けています」

この様に、実際に体験した方の新鮮な声をまとめてご紹介させていただきますね。皆さん、貴重なコメントをありがとうございます。




東京ヤクルトスワローズの投手である塚本浩二さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、コンタクトのお手入れが、とにかく面倒だったからなんだそうです。

手術の当日は、受ける段階になって、少し緊張したそうですが、先生やスタッフの方が声をかけていてくれたので、安心できたんだそうです。

実際に受けた後は、「日常生活においてはコンタクトレンズを使用していた頃の手間が省けてすごくラクになった」と体験談を語っていらっしゃいます。

両眼とも、1.5にまで回復しています。

見事に視力回復ができてよかったですね。塚本さん、大変貴重な感想をありがとうございます。




全日本スキー連盟ナショナルデモンストレーターの沖聖子さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていました。

受診を決意したきっかけは、知人の紹介だったそうですが、スタッフの方の対応が良かったのが決め手になったそうです。

手術当日は、なんの不安もなく、レーシックの当日を迎えたんだとか。始まると、ドキドキしたそうですが、手術はアッという間だったようです。

実際に受けた後の体験談は、「レーシックをしてからの生活に、なんの不自由もありません。全ての煩わしさから開放され、裸眼で見える快適さを実感しています」とのこと。

無事に視力回復されたようで、よかったですね!とても参考になります。




阪神タイガースの投手である高濱卓也さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

まず受診を決意したきっかけは、コンタクトレンズを使用されていたそうですが、濁ってしまったり、外れてしまうことがあって、とっても不便さを感じていたそうです。

手術当日は、特に緊張しなかったそうで、あっという間に終わったんだとか。すごいですね!

実際に受けた後は、「遠くのものが見えるというのは実に気持ちがいいですね。グラウンドでの見え方が違ってくるのだと思うと楽しみで仕方がありません」と体験談を語っていらっしゃいます。

無事に視力回復ができたそうで、本当によかったですね。高濱さん、大変貴重な感想をありがとうございます!

ぜひ、参考にさせていただきますね。




阪神タイガースの投手である高濱卓也さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

まず受診を決意したきっかけは、コンタクトレンズを使用されていたそうですが、濁ってしまったり、外れてしまうことがあって、とっても不便さを感じていたそうです。

手術当日は、特に緊張しなかったそうで、あっという間に終わったんだとか。すごいですね!

実際に受けた後は、「遠くのものが見えるというのは実に気持ちがいいですね。グラウンドでの見え方が違ってくるのだと思うと楽しみで仕方がありません」と体験談を語っていらっしゃいます。

無事に視力回復ができたそうで、本当によかったですね。高濱さん、大変貴重な感想をありがとうございます!

ぜひ、参考にさせていただきますね。




柔道家の井上康生さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

井上さんは、普段はコンタクトもメガネもかけておらず、裸眼ですごされていたとのこと。

受診を決意したきっかけは、奥さんである東原亜希さんが、神戸クリニックでレーシックを受けていて、良かったと話されていたことなんだとか。

手術当日は、手術の時間も聞いていた以上に短く感じたそうで、手術中は、スタッフの方が手を握ってくれていたので、とても安心できたんだそうです。

実際に受けた後の感想では、「技術面も含めて細かい部分の動きが見えるので分析がしやすくていいです。仕事の書類に眼を通すのも楽になりました。日常的にも不便なことがまったくなくなりましたね。」と体験談を語っていらっしゃいます。

この様に、無事に視力回復ができてよかったですね。井上さん、貴重な感想をありがとうございます。




プロサッカー選手、湘南ベルマーレの山口 貴弘さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられました。サイトに体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

レーシックを受診されたきっかけは、チームの選手や、スタッフも含めて、たくさんの方が神戸クリニックで受けていたからとのこと。

実際の手術当日は、治療に来たという気楽な気持ちで手術にのぞんだそうです。手術はアッという間に終わった様ですね。

術後の感想ですが、「プレー中はもちろんたくさんメリットを感じていますよ。以前は、風が吹いたりすると眼が乾くことがよくあったんですが、今はそんなことがなくなりました」と体験談を語っていらっしゃいます。

無事に視力回復ができてよかったと思いました。山口さん、とても貴重な感想をありがとうございます!




アビスパ福岡の久藤清一さんが、品川近視クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、サッカーで、コンタクトだと外れて見えなくなることがあったからとのこと。

手術当日は、すごく心配だったそうですが、手術時間も速くて、あっという間だったんだそうです。

実際に受けた後の体験談は、「手術をするのには勇気がいりますが、手術をしたら生活がすごくかわるので、ぜひおすすめします」とのこと。

無事に視力回復ができてよかったですね。久藤さん、貴重な感想をありがとうございます。




10年以上前から新聞やインターネットなどでレーシック(LASIK)を知っていて、ずっと興味はあったんですが、受けるきっかけがなかったんですよね。


朝日 健太郎さんの体験談 | レーシックによる視力回復は神戸クリニック より

朝日健太郎さんが神戸クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が公式サイトに掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

朝日さんは、以前から知っていたそうですが、タイミングがうまく合わなかったとの事。ですが、タイミングが合ったため、神戸クリニックでレーシックを受けられたそうです。

クリニック選びのポイントは、多くのスポーツ選手が受けていたからなんだとか。中でも、同じマネジメント事務所の杉山愛さんが受けていたのが大きかったそうです。

手術当日は、「ついに眼が良くなる!コンタクトレンズとは1時間後にはおさらばだ!」と不安よりも期待が大きかったんだそうです。

手術が始まってからは、しっかりと説明があったため、安心して受けられたとのこと。アッという間に終了したそうです。

実際に受けた術後の感想は、「時計が薄暗い中でもハッキリ見える!」「これだ!」と思ったとのこと。その感動が一番印象に残ったようです。

無事に視力が回復されたようで、よかったですね。とっても参考になる体験談をありがとうございました!




専用ページの「コメントする」欄へ、あなたのニックネームと選手への応援メッセージを入力してください。投稿メッセージは、神戸クリニック五輪応援事務局で確認後、サイト内に公開。


神戸クリニック応援選手へあなたの声を届けてみませんか? より

神戸クリニックが、バンクーバーオリンピック代表選手6名のレーシック体験談を紹介しています。

スキージャンプの竹内択選手など、6名の方の体験談が掲載されています。

スポーツ選手は、レーシックを受ける方が多いのですが、きっかけなどはコンタクトがわずらわしいなどが多いので、一般の方でも参考になるのではないでしょうか。

スキー・ノルディック複合の加藤大平選手は、「目に何もつけない事がこんなに気持ちいいことなのだと実感しています。とにかく何をするにも便利で、おもいきって練習と大会に挑戦できると思います。はやくスキーがしたい」とコメント。

盛り上がっているオリンピックですが、実際に受けた方の感想が読めるのはうれしいですね。

皆さん、参考になる体験談をありがとうございます。




時計の文字盤や新聞もはっきり見えます!!そして的もサイトピンもバッチリです!!


山本博さんのブログ より

視力回復手術であるレーシックを「ナチュラルビジョン高輪クリニック」で受けられた山本博さんが、14度目となる世界選手権の出場権を獲得しました!

全日本アーチェリー連盟によると、出場14回は世界最多なんだそうです。すごいですね!

09年の1月に受けたというレーシック手術では、乱視を矯正する事で、視力が2.0にまで回復したそうです。早くも施術の効果があったのではないかと思います。

山本さんの1月11日の日記には、「遠視!乱視!完璧!そして…老眼も治っちゃいました!」とその時の感動が記されていました。

今後の活躍に注目していきたいと考えています。貴重な体験談をありがとうございました。本当におめでとうございます。




阪神・清水誉捕手が3日に神戸市内の病院でレーシックと呼ばれる視力矯正手術を行うことが2日、明らかになった。


清水が視力矯正手術へ、1軍目指す より

こちらの記事によると、阪神の清水誉捕手が神戸でレーシックを受けるそうです。視力は0.4との事ですが、視力矯正手術をすることで、1.0以上の数値が出ているそうです。

矢野捕手の後を担うかもしれない清水選手。普段はコンタクトを入れているみたいですが、やはり見にくいそうで、思い切って決断されたんですね。

野球選手などスポーツ選手のレーシックニュースが増えてきていますので、手術の結果がとても気になりますね。




昨年12月25日に東京都内の病院で視力矯正手術(レーシック)を受け、「ボールがよく見える」と早くもその効果は大。グアムでの自主トレではコーチ兼任の立浪から「体の開きが早い」など徹底的に指導された。「体に覚え込ませて」とポスト谷繁の座を狙いにいく。


田中“飛躍見えた”視力回復でポスト谷繁の座狙う より

中日の田中選手がレーシックによる視力回復手術を受けたと発表しています。

田中選手は「0・2だった視力が右1・5、左1・2になってました」と話しています。

なんでも、昨年の12月25日に視力矯正手術を受けたそうで、ボールがよく見えると順調のようですね。

決意の2年目でポスト谷繁の座を狙いに行くのかな?今後の活躍にも期待しています。




ドジャースへの移籍が決まった黒田博樹投手(32)が21日、レーシックと呼ばれる視力回復手術を受けることを明かした。26日に国内で手術予定。黒田はロサンゼルスの乾燥した空気に対応するための手術であることを理由の1つに挙げた。


黒田“眼ジャー仕様”だ!視力回復手術へ より

ドジャースへの移籍が決まった黒田博樹投手が、レーシック・視力回復手術を受けるそうです。

黒田選手はメジャーでの対策のためにレーシック手術を受けることになったと話しています。「今は裸眼で0・5ぐらいしかない。1・5ぐらいになると思う」と話していたそうです。

また、今まではコンタクトレンズを使用していたそうですが、ナイターのときにサインの見づらいときがあったため、悩んでいたんだとか。そこで中日・岩瀬選手たちに相談して決断したそうです。

レーシックはレッドソックス・松坂選手ら多くのら野球選手が受けています。ロサンゼルスは空気が乾燥していて、コンタクトでは大変になるということからの決断みたいです。

視力を回復してメジャーで活躍してもらいたいですね!




これまでは古田(前ヤクルト監督)のように「メガネでも野球ができる」と世間に証明しようと奮闘してきたが、プロ11年目を機にイメチェンを図ることにした。


小田「メガネ外します」 11年目への決意 より

中日の小田幸平選手がイメチェンでレーシックを受けるそうです。

医療用レーザーで角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視、遠視を治療するのがレーシックですが、井端さんが先に受けているんだとか。

現在の両目の視力は0.1以下との事。井端さんの紹介で、年末にレーザー治療による視力回復手術を受けるそうです。

「視力は1・5くらいになると聞いています。来年の目標はレギュラーになることです。自分の明るいスタイルはくずさず、でもメガネを外して黙って結果を残そうと思っています」と話していました。

レーシックで視力を矯正するスポーツ選手が増えていますね。今後の活躍に期待しています。




【 手術当日 】 レーザーとはいえ、手術ということで全く不安が無かったという訳ではありません。しかし、わかりやすい説明を受け、更に親切で丁寧なスタッフの方やドクターの対応も良く、安心して手術に臨むことができました。 【 手術翌日 】 手術後に多少の眩しさを覚えましたが、直接の視力検査の時から視界が開き、翌日も安定して大変良く見えるようになりました。今まで見えなかった看板の文字や車のナンバープレート等、はっきりと読め驚きました。


品川近視クリニック・谷口拓也さんのレーシック体験談 より


プロゴルファーである谷口さんは、曇りの日に球の落ち所が見にくくなったり、日常生活で雨の日や夜間の運転が不便に感じるようになったため、レーシックを決意されたそうです。

レーシックの当日は説明がわかりやすくて、大変安心されたそうです。手術後はまぶしさを覚えたものの、翌日からはっきり見えるようになったんだとか。

ゴルフ場でも、今までわかりにくかった距離感や球筋をはっきりと捉えられるようになったそうです。

こうした、仕事や日常生活、車の運転などのわずらわしさからレーシックを受ける方が大変多いですね。

▼品川近視クリニックのみんなの体験談




そんなタイガーは、先月「マスターズ」が終わった翌日の月曜日に、レーザーを使った視力矯正手術を受けたことを明らかにしました。メガネやコンタクトレンズなしでは、ほとんど物が見えなかったというタイガーは、99年初めて手術を受けましたが、その後、視力が乱れ、頭痛を感じるようになったため、先月に2度目の手術を受けることを決意したそうです。


より

12勝を含めてPGAツアーで57勝と優勝を重ねているタイガー・ウッズさんは、極度の近視に悩んでいたとの事。先日2度目のレーシック手術を受けたんだとか。

2回受ける方も多いようですが、現在は順調そうです。

スポーツ選手にとって視力はとても重要なので、今後の活躍に期待したいですね。




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元