気になる、レーシックの保険についてですが、自由診療のため、国民健康保険が適用外になります。

そのため、手術自体の価格は自費診療のため、眼科クリニックによって様々です。

ただし、生命保険に加入されている方は、契約内容によっては、手術給付金が適用される場合があります。


生命保険の給付金

例えば、神奈川クリニックでは、大手の保険会社から、支給された実績があります。

ちなみに、保険会社に書類がある場合は、直接お取り寄せしましょう。なければ、診断書を用意していただきましょう。詳しい事は、各会社にお問い合わせしてみてください。

保険の対象外になるのは、生命保険加入前にレーシックを受けている方や、これから受けるという目的で、新たに生命保険に加入される方です。これらは、加入前に目にする内容だと思います。


医療費控除

その他には、医療費控除が受けられる場合があります。

確定申告をする際は、1年間に受けた診察料が10万円を超える場合は、税金の還付金(医療費控除)を受けることができます。

なので、手術代金の領収書を発行してもらい、確定申告の際に、必ずそちらの金額で申請してください。

申告の時期は、2月の中旬から、3月15日ほどまでになっていますので、この間に、申告をしましょう。

お住まいの地域によって違うそうなので、近くの税務署にお問い合わせしてみてください。


>> この続きを読む




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元