みなさんはレーシック手術を知っているだろうか。軽く耳にしたことはある程度で、詳しくは知らない人が多いのではないだろうか。


体験者が語るレーシック手術 より

慶應塾生新聞にて、「体験者が語るレーシック手術」という記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

こちらには、大学1年の女性による体験談が掲載されています。

レーシックを受けたきっかけは、家族で見ていたテレビ番組なんだとか。その番組に感銘を受けて、早速両親の承諾をもらって、眼科を予約したそうです。

手術では、麻酔は点眼薬のみなので、恐怖は全く感じなかったみたいです。

それから、1週間後の検査では、左右ともに0・06から、左眼1・5、右眼1・2まで視力が回復したそうです。


>> この続きを読む




自分は医者としての感動を味わうのではなく、一人の患者としてレーシックを受けてみたいと思いました。眼が見えるようになるという感動をしっかりと自分で味わいたいという思いから、手術を受ける決意をしたのです。


神戸クリニック、吉田理事長のレーシック体験談! より

今回の体験談は、レーシック専門である神戸クリニックの理事長を務める吉田さんです!

吉田さんといえば、アメリカにわたり、医療技術や技術スタッフを含め、最先端のレーシック現場を見て、「この素晴らしい医療技術を何とか日本に広めたい」という思いで日本に技術を持ち帰った方です。

その吉田さんのレーシック体験談が神戸クリニックのホームページで紹介されています。

始めは、それほど緊張感もなく当日を迎えました。

そうは言っても、手術用のキャップをかぶった瞬間から、何やら緊張している自分に気がつきました。

私は眼科医で、安全性も、素晴らしさも、手術の工程も、使用する機材も必要な薬品も、合併症も、周りのスタッフもすべて知っとるのに、なんでこんな緊張せなあかんねんと我を疑うと同時に、これが普通の患者さんであったらどんなに緊張することかと、改めて考えさせられた。

といった心境を語っています。

右目の手術が始まるまでの瞬間が、一番緊張したそうで、右眼の手術は約5分で終了し、
ホッとしたのと同時に妙な安心感を覚えたんだそうです。そして両眼とも無事完了。

終わってすぐは、眼に見えるものは何か霧のかかった世界のような「ボ〜」っとした感じ。でも確かに、遠くのものが見えている。そして、感動は、翌朝訪れました。時計の時刻が見える。
メガネがないのに、部屋の中のものすべてが見える。本当だ!

本当に視力は確実に回復する。机上の知識はあるものの、その数値変化をまさに実体験しているのですから、これほどの感動はない。見えないものがある日突然見えるようになる。これはまさに驚きと感動以外の何ものでもないでしょう。

このように自分でレーシックを体験して、安全性はもちろん、痛みが伴わないことを実感。驚くべき短時間で視力が回復し、今まで見ていた世界が嘘のようにはっきり見えることが確認できたんだそうです。

レーシックの正しい認識を持って、信頼できる医師のもとでレーシックを受ける事が大切だと思わせてくれた体験談でした。

詳細は神戸クリニックの吉田理事体験談を参照ください。




【 手術当日 】 知人から聞いていたとはいえ、さすがに少し緊張しましたがクリニックの雰囲気も良くて落ち着いて手術に臨むことができました。

【 手術翌日 】 手術直後の違和感も軽くなって視力が良くなっていることが、実感できて本当に嬉しかったですね!夜は少し光がまぶしかったりしましたが、電光掲示板や道路の標識が裸眼できれいに見えた時の喜びが格別でした。


品川近視クリニック・角田信朗さんのエピレーシック体験談 より

品川近視クリニックにて格闘家の角田信朗さんのレーシック体験談が掲載されていましたので紹介したいと思います。

角田さんはエピレーシックをうけたそうなんですが、レーシックを受けたあとは映画や生活が裸眼でできることに幸せを感じていて、「もっと早く受けておけば良かった」と話しています。

さすがに手術後は違和感を感じたみたいですが、徐々に回復したようで、それほど違和感はないのかな?と思いましたが、現在はどうなのか気になるところですね。

▼品川近視クリニックのみんなの体験談




【 手術当日 】 とても緊張していました。 手術中は、先生が優しく声をかけてくださって、安心することができました 【 手術翌日 】 まだ手術の疲れが少しありましたが(光がまぶしく感じたり)、メガネもコンタクトもしないでハッキリと見えることが、とても嬉しく感じました。


さとうやすえさんの品川近視クリニック・イントラレーシック体験談 より

さとうやすえさんは普段からメガネとコンタクトの併用で、眼の疲れに悩んでいたんだとか。周りの体験談などを参考にしているうちに、レーシックを受けようと思ったそうです。

レーシックを受けたあとは、朝の目覚めからハッキリ見え、何をするのにもとても快適!と大変満足されているようです。犬の散歩や、大好きな映画、仕事もメガネやコンタクトなしで見ていることに大変感激されていました。

この様に、周りの体験談がきっかけでレーシックを受ける方が多いみたいですね。

▼品川近視クリニックのみんなの体験談




レーシック体験談サイトでは様々な方の体験談が掲載されています。ウェーブフロントレーシックを受けられたそうですが、受けたその日から視力が回復したとの事でした。

【男性・体験談】

僕はコンタクトレンズがわずらわしくてレーシックを受けました。眼の手術なので、周りの人は心配していましたが、僕自身は説明会に参加したり、手術のビデオを見せてもらったので、何の不安もなく申し込みました。(レーシック体験談サイトより)





東京八重洲クリニック芸能人


東京八重洲クリニックではプロ野球選手の松坂大輔さんや、藪 恵壹さん、後藤孝志さんなど有名スポーツ選手がレーシックを受けて活躍されています。

また俳優である松方弘樹さん、芸能リポーター石川敏男さんなど多くの芸能人も治療を受けているそうです。

松坂さんは、レーシックを受けた際に、「治療はアッという間、翌日にはコンタクトレンズの時とまったく同じように見えたので、思わずうれしくなりました。」とコメントされています。

かなり、早い段階で受けられておりますが、その後の日本での躍進、そしてメジャーで活躍するまでの道のりでは、この視力回復手術が良い役割を果たしていたのではないでしょうか。貴重な体験談をありがとうございます。今後の活躍を願っております。




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元