基本的に、レーシックは自由診療になります。ですので、健康保険は適用されません。

ただし、生命保険・医療保険を利用されている場合、レーシックの手術給付金が出る場合があります。各社の契約内容によって異なります。

生命保険の給付金については、5万円程度が多いようです。

なので一度、加入されている生命保険会社にお問い合わせいただき、手術給付金についてご確認ください。


◆生命保険会社について

●日本生命
●明治安田生命
●アメリカンファミリー
●住友生命
●第一生命
●ソニー生命
●損保ジャパン

上記は、現在までに適用例がある、生命保険会社のリストになります。




気になる、レーシックの保険についてですが、自由診療のため、国民健康保険が適用外になります。

そのため、手術自体の価格は自費診療のため、眼科クリニックによって様々です。

ただし、生命保険に加入されている方は、契約内容によっては、手術給付金が適用される場合があります。


生命保険の給付金

例えば、神奈川クリニックでは、大手の保険会社から、支給された実績があります。

ちなみに、保険会社に書類がある場合は、直接お取り寄せしましょう。なければ、診断書を用意していただきましょう。詳しい事は、各会社にお問い合わせしてみてください。

保険の対象外になるのは、生命保険加入前にレーシックを受けている方や、これから受けるという目的で、新たに生命保険に加入される方です。これらは、加入前に目にする内容だと思います。


医療費控除

その他には、医療費控除が受けられる場合があります。

確定申告をする際は、1年間に受けた診察料が10万円を超える場合は、税金の還付金(医療費控除)を受けることができます。

なので、手術代金の領収書を発行してもらい、確定申告の際に、必ずそちらの金額で申請してください。

申告の時期は、2月の中旬から、3月15日ほどまでになっていますので、この間に、申告をしましょう。

お住まいの地域によって違うそうなので、近くの税務署にお問い合わせしてみてください。


>> この続きを読む





レーシックを決意した理由については、たくさんの方の体験談や口コミを読んだり聞いたりしましたが、下記理由が上位にあがっています。


「知り合いや体験した方の話、または本を読んで」が多い

●信頼できる人に良いとすすめられたから。

●知り合いが普通にうけていたから。

●生命保険がおりて安くうけれるから。

●最近は安くなってるから。

●コンタクトがわずらわしい。

●ドライアイでコンタクトができない。

●メガネがわずらわしくて嫌だから。

●仕事で成績を伸ばしたいから。


このように、知人がすでに手術を受けていて、とても快適そうだからといった理由や、仕事の成績を向上したいという方が多いようです。

あと、費用的な面では、コンタクトレンズも高くつきますし、洗浄液や、つける手間・時間などを考慮すれば、長期的にはレーシックの方が安いのではないかと判断された方も多いようです。




クリニック選びのポイント




認定医師・症例数・最新の機器・アフターケアなど5つの視点

レーシックでは眼科で行っている場合や、レーシック専門クリニックなどがあります。中には、手術前の説明が不十分だったり、十分な説明を行ってくれないなどのケースもあるようです。

ではどういったクリニックを選べば良いのでしょうか?

慶応大病院を含む全国4大学病院と、11のクリニックが「安心LASIKネットワーク」を発足していますが、眼科専門医、衛生管理などのポイントをまとめてみました。

まずは、日本眼科学会の認める「日本眼科学会認定専門医」である事。そして定期検査でのしっかりとしたカウンセリング。症例数・実績。術後のアフターケア。があるかどうかがポイントになります。

イントラレーシックなどは神戸クリニックのように、アフターフォロー、医師の実績や医療機器がしっかりしているかに注意してください。

また品川クリニックなどに代表される、低価格というのは魅力な部分も多いため、こうした専門クリニックを受ける場合は、なるべく事前に知識をつけて、的確な質問をする様に心がけて下さい。



クリニック選びの5つの重点ポイント

1. 信頼できる医師か(医師の資格など)
2. 適応検査・カウンセリング
3. 症例数・実績
4. アフターケア
5. 手術費用



信頼できる医師か(医師の資格など)

まずは日本眼科学会の認める「日本眼科学会認定専門医」の資格があるかを確認しましょう。

また眼科専門医であるかどうか。これまでどれぐらいの実績や経験があるかを知ることも重要です。さらに、視力矯正手術のトレーニングを受けた医師が何人いるのかも調べておいた方が安心です。



適応検査・カウンセリング

定期検査では、しっかりとした説明やアフターフォローをしっかり行ってくれる、信頼できる医師・クリニックかどうかを吟味しましょう。疑問があれば、すべて質問して納得いくまで説明を受けましょう。



症例数・実績

必ずレーシック施術の経験が豊富であるかどうかを把握しておく必要があります。公表されているの症例数などを参考にして下さい。やはり、体験談がないと不安ですね。



アフターケア

手術後のアフターケアについても、事前に説明を受けましょう。

レーシックに限らず、カウンセリングや検査などでしっかりと説明してくれる医師を選ぶようにして下さい。



手術にかかる費用

手術費用の見積もりですが、かかる費用はカウンセリング・検査代、手術代、定期検診・薬代などです。片目、または両目の合計の手術費用などを考慮しましょう。



最後に、レーシック手術の10のチェック項目

1. 視能訓練士ら眼科検査スタッフによる十分な検査を受けて、その後、眼科専門医による診察も受け、検査内容と結果について、医師からきちんと説明を受けたか?

2. 高度近視や角膜の厚さが薄い人の場合、レーシック以外の術式を選択肢として検討したか?

3. 術前検査とカウンセリングに十分な時間をかけたか。治療について十分理解できたか?

4. 年齢や手術の目的などを考慮した目標視力の設定を医師と十分に話し合う時間を持ったか?

5. 手術の合併症やデメリットに対する説明を受けたか?

6. 初めての適応検査後、手術までに一定の日を空けているか?

7. 手術後、短期のみならず長期にわたる定期検査を行う予定があるか?

8. 執刀医を把握できる診察だったか。担当医師、執刀医は眼科専門医か?

9. 不安に思うことをきちんと質問できたか。医師はそれに十分説明してくれたか?

10. 術後に問題があった場合、最後まできちんと治療することが期待できる施設か?


★これらの項目を、1つ1つしっかりと確認して、納得して受診してみてください。良い結果が得られるように、心から願っております。



実際に受けた方の体験談&口コミを見る

品川近視クリニック
神戸クリニック
SBC新宿近視クリニック




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元