神戸クリニックでは、お忙しい方などを対象に、日帰りレーシックが行われています。

1日でレーシックが受けられるというサービスプランになります。

これだと、週末・祝日などを活用して手術を受けられますし、遠方の方にも最適ですね。

種類としては、アイレーシックを受ける事ができるのですが、通常の料金より、2万円をプラスする事で、当日の手術が可能になります。

3日前、または、1週間前からコンタクトの装着は中止してください。


>> この続きを読む





【専門クリニックの一括資料請求】

レーシックを受けてみようとお考えの方のために、参考までに人気のある専門クリニックの資料請求ページをまとめて掲載しました。

各専門クリニック様の公式サイトの資料請求ページになりますのでご安心ください。また費用は一切かかりません。

レーシックに関しては、しつこい勧誘などもありませんでしたので、医師に相談するなど、ご自分で納得して受けられる事をおすすめします。


▼神戸クリニック・公式サイトの資料請求

神戸クリニックのレーシック資料請求


▼品川近視クリニック・公式サイトの資料請求

品川近視クリニック





当サイトの神戸クリニック詳細ページへ

レーシックでは、価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。

SBC新宿近視クリニックのように、8万円程度から受けられるクリニックもあります。その際は、アフターフォローについてもしっかり確認しましょう。

この様に、10万円を下回る料金のクリニックもありますが、20万円〜の費用である所が多いです。

イントラレーシック、アイレーシック、PRK、ラセック、フェイキックIOLなど、術式によっても費用が変わります。

レーシック専門眼科と比べると、大学病院などでは、少し費用が上がる傾向があります。

ただし、低価格であると経済的にはうれしいのですが、生涯保証制度というトータルケアサービスがある 神戸クリニック などのように、アフターフォローがしっかりしているクリニックで受けることをおすすめします。

万が一の場合、再手術が受けられるかどうかなども考慮したいポイントです。

気になる保険についてですが、基本的には国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用される所もありますので、「手術給付金」について問い合わせをしてみてください。

医療費についてですが、10万円以上は医療費控除の対象になりますので、確定申告の際に申告する事で、節税することができます。

ちなみに、手術前の検査は無料である所が多いです。






年齢的に適さない方

年齢が、18歳に達していない方は受ける事ができませんので、事前に確認をしましょう。適応条件を満たしていれば、上限はありません。



角膜が薄い方

レーシックは角膜の厚さが必要な手術です。
そのため、角膜の薄い方は受けれない場合があります。

ただし、最近では、アイレーシックなど、レーザーの進化により、受けられることもあります。



疾病により適さない方

白内障・緑内障・結膜炎などの症状の方は受けれない場合があります。



老眼の方

老眼の症状のある場合は、レーシックが受けられないことがあります。

ただし、神戸クリニックなどでは、老眼用のレーシックが用意されています。



妊娠中の方

妊娠中の場合など。点眼薬を使用する影響を考えると、授乳中の方は受けられません。終われば受けることができますので、医師に相談してみてください。



職業的に適さない方

パイロット・運転手・格闘家など激しい運動をされる方は受けれない場合があります。


基本的には、体調やコンディションが万全であるのが望ましいようです。また、妊娠中や大きな疾病がある方は受ける事ができませんので、事前にご確認ください。






イントラレーシック

イントラレーシックは、レーシックの1つです。レーシックとの違いは、フラップの作成方法にあります。

イントラレーシックでは、イントラレース社のイントラレース・FSレーザーなどのコンピュータ制御によってフラップを作成するのですが、これにより、安全かつ正確にフラップを作成することができます。

コンピュータ制御によりフラップを作成するため、きれいな仕上がりが期待できるんですね。

また、イントラレーシックは角膜が厚くない方でも実施できるため人気がありますが、日本ではまだ歴史が浅い手術になります。

イントラレーシックの場合、ハロ・グレア現象やドライアイなどがありますが、個人差はありますが改善されます。定期的に目薬などでケアしましょう。



アイレーシック(iLasik)

1人ひとりに合わせたカスタムメイドなレーザー照射を行うレーシック方法です。国立航空宇宙局であるNASAの宇宙飛行士の使用が認められているという治療法になります。

角膜の少しの歪みまでも矯正できるという術式ですね。

以前のレーシックでは、夜間に見えずらい事がありましたが、大幅に軽減してくれると言われています。

ちなみに、アイレーシックでは、点眼麻酔をして、フラップを作成し、エキシマレーザーを照射します。



エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームと呼ばれる器機を使用してフラップを作成し、エキシマレーザーを照射することによって矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

強い衝撃があっても、フラップがずれることはないという特徴があります。術後には痛みがありますが、視力の回復や安定が早いといわれています。




ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析して、ウェーブフロントアナライザのガイドによって行うレーシック。




フェイキックIOL

フェイキックIOLは、人工レンズを角膜と虹彩の間に挿入する視力回復方法です。これにより、光の屈折を変えて視力回復する施術になります。

この方法では、角膜が薄い方もうける事ができるので、多くの方に注目されています。

白内障手術に学んでいる術式と言われていて、近視・遠視・乱視などを矯正してくれる術式です。

交換の必要がなく、後からも取り除く事ができるので安心ですね。



(ケラトーム)レーシック

基本となるレーシック手術です。マイクロケラトームを使用してフラップを作成するのが特徴。

近視が強かったり、角膜が薄い方などは受けられない事があります。






レーシック・乙葉さん

レーシックを受けられるのは、年齢は18歳に達している人です。

レーシックを決意した理由で多いのが、知り合いが普通にうけてたからという理由や、コンタクトが手間という方、見た目の問題でメガネが嫌という方などです。

また眼鏡の方で左右の度の差が大きい、眼精疲労、強度の近視・乱視、コンタクトレンズ、ドライアイの方。さらには、趣味を快適にしたい方や、職業的な理由など様々です。

職場の信頼できる人が快適に仕事をしていて、「いいよ〜」とすすめてくれれば、自分も受けてみようかな?という気になりますね。



プロスポーツ選手やタレントなどの芸能人も多い

またプロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けています。

特に現役で大きな実績を残しているスポーツ選手や、主婦など身近に感じる芸能人の方もこれらの専門クリニックを受けていて、体験談も参考になります。

仕事柄よくパソコンを利用する方で、Q&Aやブックマークサービスで人気の「はてな」の代表である近藤さんが、吉田眼科でのレーシック体験をブログを公開しているのを見て、「受けてみようかという気になった」という声も多数みられました。

また藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんもレーシックを受けられたそうです。

女性の方なら、神戸クリニックで受けられて、体験談なども掲載されている乙葉さん、錦糸クリニックで受けられたオセロの松嶋さんの声も参考になりますね。

尊敬できる方といえば、メジャーで活躍中の松坂大輔さんも東京八重洲クリニックでレーシックを受けたそうです。

アメリカでは年間100万人以上が受けていて、海外ではタイガーウッズやブラッドピットさんがレーシックを受けて話題になりました。






アイレーシックと通常のレーシックとの違い

アイレーシックとは、実際に手術を受けた事があるカウンセラーが、職業別などの詳細なカウンセリングを行い、1人ひとりの目に合わせた照射プログラムで治療してくれる、新しいレーシック手術です。

NASA(ナサ)が宇宙飛行士に承認した、唯一の矯正手術になっています。

通常のレーシックとの主な違いは、レーザーでフラップを作成する方法の違いです。

アイレーシックで使用するイントラレース場合、1人ひとりの目に合わせて調節できて、薄いフラップを作成できます。強力な固定力があり、ずれにくく、合併症が発生しないという特徴があります。

つまり、より細かい調整ができるようになった、という事です。そのため、安全性も向上していて、角膜が薄い方でも、受けられる可能性があるそうです。






気になる疑問点は?

とはいっても、レーシックの場合、うまく回復しなかったらどうしよう・・? と考える事があるかもしれませんが、神戸クリニックでは、視力回復保証制度として再手術が受けられます。

夜間の見え方が気になる・・。という場合も、アイレーシックでは、ここも改良されていて、アメリカAMO社 社内資料によると、多くの方が「夜間の視力が良くなった」と回答しているそうです。

さらに、感染症が心配・・。と感じつ事があると思いますが、神戸クリニックでは、「国際基準に準拠した感染症対策」として、国際基準の「CDCガイドライン」導入していて、9万人以上の症例数でも、感染したケースはないそうです。

このように、懸念される点を1つ1つ解消してくれるので、もし疑問点がありましたら、無料の説明会や、無料適応検査などで、実際にスタッフの方に質問してみてください。





まず初めにレーシックとはこんな視力回復方法

レーシックとは視力矯正手術の1つで、エキシマレーザーという医療用レーザーを照射して角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって光学的なゆがみを矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

レーシック手術は、点眼剤で麻酔をしてから行うため、ほとんど痛みを感じません。このため、手術中は眼球を触られてもほぼ何も感じなくなります。

レーシックは、現在まで世界中で3,200万人、日本では20万人程で、現在も昨年を上回るペースで増えています。

プロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けていて、藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんや、女性の方なら乙葉さんが神戸クリニックでレーシックを受けています。メジャーで活躍中の松坂大輔さんもその他のクリニックでレーシックを受けたそうです。



入院は必要なく、所要時間は15〜20分

レーシック手術は日帰りで、所要時間は15〜20分です。

手術の一般的な流れは、まず点眼麻酔をします。そしてフラップというフタを作ります。次に目にレーザーをあて、フラップを戻します。そして洗浄します。

レーシックは手術の中でも高い成功率で、比較的安全な手術と言われています。

手術後については、ハロ・グレア現象と呼ばれる、夜間や蛍光灯の光の周りがぼやけて見えたりする症状になると言われています。これは個人差がありますが、術後しばらくして改善します。手術の翌日には仕事の復帰も可能です。



レーシックとイントラレーシックの違いとは?

レーシックとイントラレーシックとの違いは、主にフラップの作成方法にあります。レーシックがマイクロケラトームというカンナのような役割を担う電動メスでフラップを作成するのに対し、イントラレーシックはレーザー医療機器であるイントラレーザーでフラップを作成します。

一般的に、レーシックでは医師が行うため、技術の差により合併症などの心配がありましたが、イントラレーシックでは機器を使用するため、安定してきれいな仕上がりが可能になります。



国民健康保険は適用外

レーシックの費用については、国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用されます。価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。キャンペーンや家族割引、友達紹介制度で安くなる場合があります。

価格も気になる所ですが、やはり大切な目に関する事なので、カウンセリングや、アフターフォローなどしっかりと話合って、納得のいくクリニックを選ぶのが一番大切です。




レーシック眼科・人気ランキングTop4


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ&体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元