« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月 アーカイブ

2011年07月05日

プロフットサル横江怜さんの神戸クリニックレーシック体験談


プロフットサル選手である横江怜さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられたとのこと。

そこで、神戸クリニックの公式ホームページに体験談が掲載されていましたので、ご紹介させてください。

プレー中は、メガネもコンタクトレンズもつけないという横江さん。20歳のハタチを過ぎて、視力が悪くなってきたんだそうで、サインが見えないというのも問題を感じていたんだとか。

ある時、知人の方がレーシックで視力回復をして、自分も受けたいと思ったんだそうです。

手術当日は、事前にしっかり説明を聞いていたので、安心できたんだそうです。

不安よりも視力が良くなるという期待の方が大きかったみたいですね。

実際に受けた後の体験談ですが、「プレー中もサインがよく見えて、プレーの判断も早くなりました」と早くもプレーに良い影響があったんだとか。

また「興味はあるけど踏ん切れない、または決心ができない、という方は、適応検査などでお話だけでも直接聞いてみることをおすすめしたいです」と心強いメッセージを送られています。

無事に視力回復ができたみたいですね。横江さん、参考になる感想をありがとうございます。

神戸クリニックは口コミでも評判の良いレーシック専門眼科。興味がある方は、一度適応検査を受けて、先生にお話を聞いてみてください。

2011年07月14日

落合沙織さんのSBC新宿近視クリニックレーシック体験談


落合沙織さんが、SBC新宿近視クリニックでレーシックを受けられたそうで、体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、普段からコンタクトをつけていただんだそうですが、開放されたいという思いが強かったんだとか。またテレビを見ながら寝たいというのもあったみたいですね。

手術当日は、ドキドキして、眼球を動かしたりしないか心配だったみたいですが、手術がすぐに終わったので安心できたんだそうです。

スタッフの方の対応も丁寧で、とても満足されています。

実際に受けた後の体験談なんですが、「心配していた目の乾燥も、コンタクトの時程気にならないし、とても楽です」とのこと。

落合沙織さん、貴重な口コミや体験談をありがとうございます。

2011年07月22日

スキージャンプ竹内択さんの神戸クリニックレーシック体験談


スキージャンプ選手の竹内択さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられました。貴重な体験談が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

受診を決意したきっかけは、いつもはコンタクトレンズをしていて、競技にはずれたり、集中できない時があったんだとか。

やはりジャンプに集中したかったためレーシックを受けたとのこと。

手術の当日は、不安や怖さがあったものの、オペ台にのってからは落ち着いて受けることができたそうです。

実際に受けた後の体験談は「煩わしさから解放されて、今は、競技に120%集中できるようになりました」とのこと。

アフターフォローなど、口コミでも評判の神戸クリニック。

目の乾きから開放されたのも大きかったみたいですね。ホントに貴重な感想をありがとうございます。

2011年07月30日

日本ハム選手・糸井嘉男さんの神戸クリニックレーシック体験談


日本ハムファイターズの選手である糸井嘉男さんが、神戸クリニックでレーシックを受けられました。

なんでも、受診を決意したきっかけは、大学の頃から遠くが見えなくなっていたそうで、わずらわしさを感じていたとの事。

先輩である選手の方が受けていたのも大きかったみたいですね。

手術当日は、早く見えるようになりたいという気持ちが大きかったため、あっという間だったんだとか。

実際に受けた後は、「今までは景色もぼんやりとしていました、それが今ではパキパキ見えて、感動しています」と体験談を語っていらっしゃいます。

神戸クリニックはアフターフォローが充実している専門眼科です。芸能人や一般の方の口コミなどをよく見かけますね。

興味がある方は、ぜひ一度、適応検査を受けてみてください。


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元