« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月05日

コンタクトでの眼精疲労の解消法は?


コンタクトレンズをしていて、パソコン画面などを長時間見続けると、眼の調節がくずれて、眼精疲労が起こります。

また、ゲームや本を見続けて、頭が少し痛くなる事があるかと思います。

そんな時は、コンタクトをはずして、ビタミンB12などが配合されている点眼薬をするのが有効です。

また、寝ると治っているという事がありますが、緊張してしまった水晶体を休めるという事につながるため、眼精疲労を回復できます。

コンタクトが原因で、レーシックを受ける方も多いと思いますが、普段の心がけで緩和する事ができます。

なるべく長時間のパソコンや読書はさけて、点眼薬をしたり、休める様に心がけてみてくださいね。

2010年02月27日

神戸クリニック、オリンピック代表選手のレーシック体験談


専用ページの「コメントする」欄へ、あなたのニックネームと選手への応援メッセージを入力してください。投稿メッセージは、神戸クリニック五輪応援事務局で確認後、サイト内に公開。


神戸クリニック応援選手へあなたの声を届けてみませんか? より

神戸クリニックが、バンクーバーオリンピック代表選手6名のレーシック体験談を紹介しています。

スキージャンプの竹内択選手など、6名の方の体験談が掲載されています。

スポーツ選手は、レーシックを受ける方が多いのですが、きっかけなどはコンタクトがわずらわしいなどが多いので、一般の方でも参考になるのではないでしょうか。

スキー・ノルディック複合の加藤大平選手は、「目に何もつけない事がこんなに気持ちいいことなのだと実感しています。とにかく何をするにも便利で、おもいきって練習と大会に挑戦できると思います。はやくスキーがしたい」とコメント。

盛り上がっているオリンピックですが、実際に受けた方の感想が読めるのはうれしいですね。

皆さん、参考になる体験談をありがとうございます。


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元