« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月 アーカイブ

2008年12月10日

価格の激安競争で急拡大する3大レーシック眼科


眼鏡、コンタクトレンズに代わる第三の視力矯正方法として、レーシックが注目を集めている。レーシックとは角膜の表面をめくり、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を矯正する手術のこと。健康保険の適用はないが、手術時間およそ10分で近視、乱視、遠視を治すことができるとされる。


眼鏡、コンタクトは不要に!? 激安競争で急拡大する視力矯正「レーシック」手術 より


レーシックは、日本で2000年に厚生省がエキシマレーザーによる矯正手術を認可されました。それからは、レーシックなどの屈折矯正手術市場は07年には年間約25万件にまで拡大しています。

その要因の1つとして注目されているのが、専門クリニックの激しい低価格競争なんだとか。たしかに安くなりましたね。

以前は手術料金は、両眼で40万円前後だったのですが、最近になって両眼で30万円以下という低価格路線を打ち出しました。

今では当サイトで紹介している、人気の大手3大クリニックのいくつかは両眼で10万円台前半になっています。ちなみに、最安値は9.8万円です。これは安い(笑)

その中でも、これに対抗し、神戸クリニックは最新技術の「アイレーシック」を導入したり、アフターケアの生涯保証を充実させるなどして、差別化を図って注目されています。

今後はどういった流れになるのかわかりませんが、コンタクトより安いとなれば、さらに利用者が増えそうですね。ただし、安くなったからとはいえ、自分で詳しく調べて、しっかりと検討してから受けくださいね。

2008年12月29日

阪神・清水誉捕手がレーシック視力矯正手術へ!


阪神・清水誉捕手が3日に神戸市内の病院でレーシックと呼ばれる視力矯正手術を行うことが2日、明らかになった。


清水が視力矯正手術へ、1軍目指す より

こちらの記事によると、阪神の清水誉捕手が神戸でレーシックを受けるそうです。視力は0.4との事ですが、視力矯正手術をすることで、1.0以上の数値が出ているそうです。

矢野捕手の後を担うかもしれない清水選手。普段はコンタクトを入れているみたいですが、やはり見にくいそうで、思い切って決断されたんですね。

野球選手などスポーツ選手のレーシックニュースが増えてきていますので、手術の結果がとても気になりますね。


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元