« 2007年10月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月10日

中日の小田幸平選手、レーシックで決意の11年目へ!


これまでは古田(前ヤクルト監督)のように「メガネでも野球ができる」と世間に証明しようと奮闘してきたが、プロ11年目を機にイメチェンを図ることにした。


小田「メガネ外します」 11年目への決意 より

中日の小田幸平選手がイメチェンでレーシックを受けるそうです。

医療用レーザーで角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視、遠視を治療するのがレーシックですが、井端さんが先に受けているんだとか。

現在の両目の視力は0.1以下との事。井端さんの紹介で、年末にレーザー治療による視力回復手術を受けるそうです。

「視力は1・5くらいになると聞いています。来年の目標はレギュラーになることです。自分の明るいスタイルはくずさず、でもメガネを外して黙って結果を残そうと思っています」と話していました。

レーシックで視力を矯正するスポーツ選手が増えていますね。今後の活躍に期待しています。

2007年12月25日

黒田博樹投手がレーシックで視力回復へ!


ドジャースへの移籍が決まった黒田博樹投手(32)が21日、レーシックと呼ばれる視力回復手術を受けることを明かした。26日に国内で手術予定。黒田はロサンゼルスの乾燥した空気に対応するための手術であることを理由の1つに挙げた。


黒田“眼ジャー仕様”だ!視力回復手術へ より

ドジャースへの移籍が決まった黒田博樹投手が、レーシック・視力回復手術を受けるそうです。

黒田選手はメジャーでの対策のためにレーシック手術を受けることになったと話しています。「今は裸眼で0・5ぐらいしかない。1・5ぐらいになると思う」と話していたそうです。

また、今まではコンタクトレンズを使用していたそうですが、ナイターのときにサインの見づらいときがあったため、悩んでいたんだとか。そこで中日・岩瀬選手たちに相談して決断したそうです。

レーシックはレッドソックス・松坂選手ら多くのら野球選手が受けています。ロサンゼルスは空気が乾燥していて、コンタクトでは大変になるということからの決断みたいです。

視力を回復してメジャーで活躍してもらいたいですね!


Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元