トップに戻る > レーシックに向かない方 »

レーシックの種類は何がある? イントラ、エピレーシックなど




イントラレーシック

イントラレーシックは、レーシックの1つです。レーシックとの違いは、フラップの作成方法にあります。

イントラレーシックでは、イントラレース社のイントラレース・FSレーザーなどのコンピュータ制御によってフラップを作成するのですが、これにより、安全かつ正確にフラップを作成することができます。

コンピュータ制御によりフラップを作成するため、きれいな仕上がりが期待できるんですね。

また、イントラレーシックは角膜が厚くない方でも実施できるため人気がありますが、日本ではまだ歴史が浅い手術になります。

イントラレーシックの場合、ハロ・グレア現象やドライアイなどがありますが、個人差はありますが改善されます。定期的に目薬などでケアしましょう。



アイレーシック(iLasik)

1人ひとりに合わせたカスタムメイドなレーザー照射を行うレーシック方法です。国立航空宇宙局であるNASAの宇宙飛行士の使用が認められているという治療法になります。

角膜の少しの歪みまでも矯正できるという術式ですね。

以前のレーシックでは、夜間に見えずらい事がありましたが、大幅に軽減してくれると言われています。

ちなみに、アイレーシックでは、点眼麻酔をして、フラップを作成し、エキシマレーザーを照射します。



エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームと呼ばれる器機を使用してフラップを作成し、エキシマレーザーを照射することによって矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

強い衝撃があっても、フラップがずれることはないという特徴があります。術後には痛みがありますが、視力の回復や安定が早いといわれています。




ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析して、ウェーブフロントアナライザのガイドによって行うレーシック。




フェイキックIOL

フェイキックIOLは、人工レンズを角膜と虹彩の間に挿入する視力回復方法です。これにより、光の屈折を変えて視力回復する施術になります。

この方法では、角膜が薄い方もうける事ができるので、多くの方に注目されています。

白内障手術に学んでいる術式と言われていて、近視・遠視・乱視などを矯正してくれる術式です。

交換の必要がなく、後からも取り除く事ができるので安心ですね。



(ケラトーム)レーシック

基本となるレーシック手術です。マイクロケラトームを使用してフラップを作成するのが特徴。

近視が強かったり、角膜が薄い方などは受けられない事があります。





レーシックに向かない方 »





 
品川近視クリニックの体験談&口コミ

プロゴルファーの横峯さくらさんや、格闘家の角田信朗さんなど芸能人が受診。



神戸クリニックの体験談&口コミ

女性タレントの乙葉さん、杉山愛さんなどがレーシックを受けられて話題に。


SBC新宿近視クリニックの体験談

モデルの加藤夏希さんなど様々な著名人が受診。業界最安値級で衛生面も安心。


神奈川クリニックの体験談&口コミ

スポーツ選手など様々な著名人がレーシックを受けられています。




スポンサードリンク






Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元