トップに戻る > アイレーシックとは? 個別カウンセリングによる施術 »

レーシックとイントラレーシックの違いとは?



まず初めにレーシックとはこんな視力回復方法

レーシックとは視力矯正手術の1つで、エキシマレーザーという医療用レーザーを照射して角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって光学的なゆがみを矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

レーシック手術は、点眼剤で麻酔をしてから行うため、ほとんど痛みを感じません。このため、手術中は眼球を触られてもほぼ何も感じなくなります。

レーシックは、現在まで世界中で3,200万人、日本では20万人程で、現在も昨年を上回るペースで増えています。

プロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けていて、藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんや、女性の方なら乙葉さんが神戸クリニックでレーシックを受けています。メジャーで活躍中の松坂大輔さんもその他のクリニックでレーシックを受けたそうです。



入院は必要なく、所要時間は15〜20分

レーシック手術は日帰りで、所要時間は15〜20分です。

手術の一般的な流れは、まず点眼麻酔をします。そしてフラップというフタを作ります。次に目にレーザーをあて、フラップを戻します。そして洗浄します。

レーシックは手術の中でも高い成功率で、比較的安全な手術と言われています。

手術後については、ハロ・グレア現象と呼ばれる、夜間や蛍光灯の光の周りがぼやけて見えたりする症状になると言われています。これは個人差がありますが、術後しばらくして改善します。手術の翌日には仕事の復帰も可能です。



レーシックとイントラレーシックの違いとは?

レーシックとイントラレーシックとの違いは、主にフラップの作成方法にあります。レーシックがマイクロケラトームというカンナのような役割を担う電動メスでフラップを作成するのに対し、イントラレーシックはレーザー医療機器であるイントラレーザーでフラップを作成します。

一般的に、レーシックでは医師が行うため、技術の差により合併症などの心配がありましたが、イントラレーシックでは機器を使用するため、安定してきれいな仕上がりが可能になります。



国民健康保険は適用外

レーシックの費用については、国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用されます。価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。キャンペーンや家族割引、友達紹介制度で安くなる場合があります。

価格も気になる所ですが、やはり大切な目に関する事なので、カウンセリングや、アフターフォローなどしっかりと話合って、納得のいくクリニックを選ぶのが一番大切です。



アイレーシックとは? 個別カウンセリングによる施術 »





 
品川近視クリニックの体験談&口コミ

プロゴルファーの横峯さくらさんや、格闘家の角田信朗さんなど芸能人が受診。



神戸クリニックの体験談&口コミ

女性タレントの乙葉さん、杉山愛さんなどがレーシックを受けられて話題に。


SBC新宿近視クリニックの体験談

モデルの加藤夏希さんなど様々な著名人が受診。業界最安値級で衛生面も安心。


神奈川クリニックの体験談&口コミ

スポーツ選手など様々な著名人がレーシックを受けられています。




スポンサードリンク






Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元