メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

2007年04月16日

掲載しているクリニックについて


当サイトは広告代理業務を行っている各種ASPサイト様に加盟しており、紹介しているレーシックの専門クリニックについては、各企業様から正式に提供されている、承認済みの広告を掲載させて頂いております。各レーシックの専門クリニックをご利用の際は、各企業様のホームページにて手続きをお願い致します。

また当サイトのすべてのサービスに関しましては、一切費用はかかりませんのでご安心してご利用下さい。今後とも当サイトをどうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせについて


LasikStyleへのお問い合わせや相互リンクのご依頼は、こちらのメールフォームからお願いいたします。相互リンクの掲載については下記を参照してください。


▼運営代表 : Tanaka
ホームページ制作・運営
Webマーケティング業務


▼LasikStyle
http://lasikstyle.com/

レーシックを受けた芸能人やSNS・Q&A・ブログなどから皆さんの体験談、決意した理由、術後の経過などの口コミをまとめました。現役の眼科検査担当者のインタビューや人気専門クリニックの比較など。


▼リンク掲載やメディア・雑誌などの掲載はご自由にお願い致します。

相互リンクについて


LasikStyleへの相互リンクのご依頼は、こちらのメールフォームからお願いいたします。相互リンクの掲載については下記を参照してください。


▼運営代表 : Tanaka
ホームページ制作事業
メディア・コンテンツ制作




【リンク方法について】

[タイトル] LasikStyle レーシックスタイル

[URL] http://lasikstyle.com/

[紹介文] レーシックを受けた芸能人の体験談&口コミ情報。現役の眼科検査担当者のインタビューや人気クリニックの比較など。



●テキスト・コード(コピー&ペーストで貼り付けてご利用ください)

LasikStyle


●バナー (ダウンロードして、ご利用願います)






▼リンク掲載やメディア・雑誌などの掲載はご自由にお願い致します。

▼リンクポリシー: ユーザーの方に役立つサイトを優先して掲載させていただきます。サイトの構成などによっては、リンクできない場合がございます。申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。

【検索エンジン関係】

検索エンジン・ディレクトリ登録サイト集

検索エンジン・ディレクトリ登録


Su-Jine

NINJA TOOLS

ブログパーツ.com - みんなのブログ集

相互リンクDEアクセスアップ!

うたまっぷ

2007年04月18日

レーシックとイントラレーシックの違いとは?



まず初めにレーシックとはこんな視力回復方法

レーシックとは視力矯正手術の1つで、エキシマレーザーという医療用レーザーを照射して角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって光学的なゆがみを矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

レーシック手術は、点眼剤で麻酔をしてから行うため、ほとんど痛みを感じません。このため、手術中は眼球を触られてもほぼ何も感じなくなります。

レーシックは、現在まで世界中で3,200万人、日本では20万人程で、現在も昨年を上回るペースで増えています。

プロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けていて、藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんや、女性の方なら乙葉さんが神戸クリニックでレーシックを受けています。メジャーで活躍中の松坂大輔さんもその他のクリニックでレーシックを受けたそうです。



入院は必要なく、所要時間は15〜20分

レーシック手術は日帰りで、所要時間は15〜20分です。

手術の一般的な流れは、まず点眼麻酔をします。そしてフラップというフタを作ります。次に目にレーザーをあて、フラップを戻します。そして洗浄します。

レーシックは手術の中でも高い成功率で、比較的安全な手術と言われています。

手術後については、ハロ・グレア現象と呼ばれる、夜間や蛍光灯の光の周りがぼやけて見えたりする症状になると言われています。これは個人差がありますが、術後しばらくして改善します。手術の翌日には仕事の復帰も可能です。



レーシックとイントラレーシックの違いとは?

レーシックとイントラレーシックとの違いは、主にフラップの作成方法にあります。レーシックがマイクロケラトームというカンナのような役割を担う電動メスでフラップを作成するのに対し、イントラレーシックはレーザー医療機器であるイントラレーザーでフラップを作成します。

一般的に、レーシックでは医師が行うため、技術の差により合併症などの心配がありましたが、イントラレーシックでは機器を使用するため、安定してきれいな仕上がりが可能になります。



国民健康保険は適用外

レーシックの費用については、国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用されます。価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。キャンペーンや家族割引、友達紹介制度で安くなる場合があります。

価格も気になる所ですが、やはり大切な目に関する事なので、カウンセリングや、アフターフォローなどしっかりと話合って、納得のいくクリニックを選ぶのが一番大切です。

アイレーシックとは? 個別カウンセリングによる施術




アイレーシックと通常のレーシックとの違い

アイレーシックとは、実際に手術を受けた事があるカウンセラーが、職業別などの詳細なカウンセリングを行い、1人ひとりの目に合わせた照射プログラムで治療してくれる、新しいレーシック手術です。

NASA(ナサ)が宇宙飛行士に承認した、唯一の矯正手術になっています。

通常のレーシックとの主な違いは、レーザーでフラップを作成する方法の違いです。

アイレーシックで使用するイントラレース場合、1人ひとりの目に合わせて調節できて、薄いフラップを作成できます。強力な固定力があり、ずれにくく、合併症が発生しないという特徴があります。

つまり、より細かい調整ができるようになった、という事です。そのため、安全性も向上していて、角膜が薄い方でも、受けられる可能性があるそうです。






気になる疑問点は?

とはいっても、レーシックの場合、うまく回復しなかったらどうしよう・・? と考える事があるかもしれませんが、神戸クリニックでは、視力回復保証制度として再手術が受けられます。

夜間の見え方が気になる・・。という場合も、アイレーシックでは、ここも改良されていて、アメリカAMO社 社内資料によると、多くの方が「夜間の視力が良くなった」と回答しているそうです。

さらに、感染症が心配・・。と感じつ事があると思いますが、神戸クリニックでは、「国際基準に準拠した感染症対策」として、国際基準の「CDCガイドライン」導入していて、9万人以上の症例数でも、感染したケースはないそうです。

このように、懸念される点を1つ1つ解消してくれるので、もし疑問点がありましたら、無料の説明会や、無料適応検査などで、実際にスタッフの方に質問してみてください。

レーシックはどんな人がうけている?


レーシック・乙葉さん

レーシックを受けられるのは、年齢は18歳に達している人です。

レーシックを決意した理由で多いのが、知り合いが普通にうけてたからという理由や、コンタクトが手間という方、見た目の問題でメガネが嫌という方などです。

また眼鏡の方で左右の度の差が大きい、眼精疲労、強度の近視・乱視、コンタクトレンズ、ドライアイの方。さらには、趣味を快適にしたい方や、職業的な理由など様々です。

職場の信頼できる人が快適に仕事をしていて、「いいよ〜」とすすめてくれれば、自分も受けてみようかな?という気になりますね。



プロスポーツ選手やタレントなどの芸能人も多い

またプロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けています。

特に現役で大きな実績を残しているスポーツ選手や、主婦など身近に感じる芸能人の方もこれらの専門クリニックを受けていて、体験談も参考になります。

仕事柄よくパソコンを利用する方で、Q&Aやブックマークサービスで人気の「はてな」の代表である近藤さんが、吉田眼科でのレーシック体験をブログを公開しているのを見て、「受けてみようかという気になった」という声も多数みられました。

また藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんもレーシックを受けられたそうです。

女性の方なら、神戸クリニックで受けられて、体験談なども掲載されている乙葉さん、錦糸クリニックで受けられたオセロの松嶋さんの声も参考になりますね。

尊敬できる方といえば、メジャーで活躍中の松坂大輔さんも東京八重洲クリニックでレーシックを受けたそうです。

アメリカでは年間100万人以上が受けていて、海外ではタイガーウッズやブラッドピットさんがレーシックを受けて話題になりました。

レーシックの種類は何がある? イントラ、エピレーシックなど




イントラレーシック

イントラレーシックは、レーシックの1つです。レーシックとの違いは、フラップの作成方法にあります。

イントラレーシックでは、イントラレース社のイントラレース・FSレーザーなどのコンピュータ制御によってフラップを作成するのですが、これにより、安全かつ正確にフラップを作成することができます。

コンピュータ制御によりフラップを作成するため、きれいな仕上がりが期待できるんですね。

また、イントラレーシックは角膜が厚くない方でも実施できるため人気がありますが、日本ではまだ歴史が浅い手術になります。

イントラレーシックの場合、ハロ・グレア現象やドライアイなどがありますが、個人差はありますが改善されます。定期的に目薬などでケアしましょう。



アイレーシック(iLasik)

1人ひとりに合わせたカスタムメイドなレーザー照射を行うレーシック方法です。国立航空宇宙局であるNASAの宇宙飛行士の使用が認められているという治療法になります。

角膜の少しの歪みまでも矯正できるという術式ですね。

以前のレーシックでは、夜間に見えずらい事がありましたが、大幅に軽減してくれると言われています。

ちなみに、アイレーシックでは、点眼麻酔をして、フラップを作成し、エキシマレーザーを照射します。



エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームと呼ばれる器機を使用してフラップを作成し、エキシマレーザーを照射することによって矯正して、視力を回復させる視力矯正施術です。

強い衝撃があっても、フラップがずれることはないという特徴があります。術後には痛みがありますが、視力の回復や安定が早いといわれています。




ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析して、ウェーブフロントアナライザのガイドによって行うレーシック。




フェイキックIOL

フェイキックIOLは、人工レンズを角膜と虹彩の間に挿入する視力回復方法です。これにより、光の屈折を変えて視力回復する施術になります。

この方法では、角膜が薄い方もうける事ができるので、多くの方に注目されています。

白内障手術に学んでいる術式と言われていて、近視・遠視・乱視などを矯正してくれる術式です。

交換の必要がなく、後からも取り除く事ができるので安心ですね。



(ケラトーム)レーシック

基本となるレーシック手術です。マイクロケラトームを使用してフラップを作成するのが特徴。

近視が強かったり、角膜が薄い方などは受けられない事があります。



レーシックに向かない方




年齢的に適さない方

年齢が、18歳に達していない方は受ける事ができませんので、事前に確認をしましょう。適応条件を満たしていれば、上限はありません。



角膜が薄い方

レーシックは角膜の厚さが必要な手術です。
そのため、角膜の薄い方は受けれない場合があります。

ただし、最近では、アイレーシックなど、レーザーの進化により、受けられることもあります。



疾病により適さない方

白内障・緑内障・結膜炎などの症状の方は受けれない場合があります。



老眼の方

老眼の症状のある場合は、レーシックが受けられないことがあります。

ただし、神戸クリニックなどでは、老眼用のレーシックが用意されています。



妊娠中の方

妊娠中の場合など。点眼薬を使用する影響を考えると、授乳中の方は受けられません。終われば受けることができますので、医師に相談してみてください。



職業的に適さない方

パイロット・運転手・格闘家など激しい運動をされる方は受けれない場合があります。


基本的には、体調やコンディションが万全であるのが望ましいようです。また、妊娠中や大きな疾病がある方は受ける事ができませんので、事前にご確認ください。

レーシックの価格・費用について


当サイトの神戸クリニック詳細ページへ

レーシックでは、価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。

SBC新宿近視クリニックのように、8万円程度から受けられるクリニックもあります。その際は、アフターフォローについてもしっかり確認しましょう。

この様に、10万円を下回る料金のクリニックもありますが、20万円〜の費用である所が多いです。

イントラレーシック、アイレーシック、PRK、ラセック、フェイキックIOLなど、術式によっても費用が変わります。

レーシック専門眼科と比べると、大学病院などでは、少し費用が上がる傾向があります。

ただし、低価格であると経済的にはうれしいのですが、生涯保証制度というトータルケアサービスがある 神戸クリニック などのように、アフターフォローがしっかりしているクリニックで受けることをおすすめします。

万が一の場合、再手術が受けられるかどうかなども考慮したいポイントです。

気になる保険についてですが、基本的には国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用される所もありますので、「手術給付金」について問い合わせをしてみてください。

医療費についてですが、10万円以上は医療費控除の対象になりますので、確定申告の際に申告する事で、節税することができます。

ちなみに、手術前の検査は無料である所が多いです。

レーシック一括資料請求



【専門クリニックの一括資料請求】

レーシックを受けてみようとお考えの方のために、参考までに人気のある専門クリニックの資料請求ページをまとめて掲載しました。

各専門クリニック様の公式サイトの資料請求ページになりますのでご安心ください。また費用は一切かかりません。

レーシックに関しては、しつこい勧誘などもありませんでしたので、医師に相談するなど、ご自分で納得して受けられる事をおすすめします。


▼神戸クリニック・公式サイトの資料請求

神戸クリニックのレーシック資料請求


▼品川近視クリニック・公式サイトの資料請求

品川近視クリニック


2007年04月19日

失敗しないクリニック選びのポイント


クリニック選びのポイント




認定医師・症例数・最新の機器・アフターケアなど5つの視点

レーシックでは眼科で行っている場合や、レーシック専門クリニックなどがあります。中には、手術前の説明が不十分だったり、十分な説明を行ってくれないなどのケースもあるようです。

ではどういったクリニックを選べば良いのでしょうか?

慶応大病院を含む全国4大学病院と、11のクリニックが「安心LASIKネットワーク」を発足していますが、眼科専門医、衛生管理などのポイントをまとめてみました。

まずは、日本眼科学会の認める「日本眼科学会認定専門医」である事。そして定期検査でのしっかりとしたカウンセリング。症例数・実績。術後のアフターケア。があるかどうかがポイントになります。

イントラレーシックなどは神戸クリニックのように、アフターフォロー、医師の実績や医療機器がしっかりしているかに注意してください。

また品川クリニックなどに代表される、低価格というのは魅力な部分も多いため、こうした専門クリニックを受ける場合は、なるべく事前に知識をつけて、的確な質問をする様に心がけて下さい。



クリニック選びの5つの重点ポイント

1. 信頼できる医師か(医師の資格など)
2. 適応検査・カウンセリング
3. 症例数・実績
4. アフターケア
5. 手術費用



信頼できる医師か(医師の資格など)

まずは日本眼科学会の認める「日本眼科学会認定専門医」の資格があるかを確認しましょう。

また眼科専門医であるかどうか。これまでどれぐらいの実績や経験があるかを知ることも重要です。さらに、視力矯正手術のトレーニングを受けた医師が何人いるのかも調べておいた方が安心です。



適応検査・カウンセリング

定期検査では、しっかりとした説明やアフターフォローをしっかり行ってくれる、信頼できる医師・クリニックかどうかを吟味しましょう。疑問があれば、すべて質問して納得いくまで説明を受けましょう。



症例数・実績

必ずレーシック施術の経験が豊富であるかどうかを把握しておく必要があります。公表されているの症例数などを参考にして下さい。やはり、体験談がないと不安ですね。



アフターケア

手術後のアフターケアについても、事前に説明を受けましょう。

レーシックに限らず、カウンセリングや検査などでしっかりと説明してくれる医師を選ぶようにして下さい。



手術にかかる費用

手術費用の見積もりですが、かかる費用はカウンセリング・検査代、手術代、定期検診・薬代などです。片目、または両目の合計の手術費用などを考慮しましょう。



最後に、レーシック手術の10のチェック項目

1. 視能訓練士ら眼科検査スタッフによる十分な検査を受けて、その後、眼科専門医による診察も受け、検査内容と結果について、医師からきちんと説明を受けたか?

2. 高度近視や角膜の厚さが薄い人の場合、レーシック以外の術式を選択肢として検討したか?

3. 術前検査とカウンセリングに十分な時間をかけたか。治療について十分理解できたか?

4. 年齢や手術の目的などを考慮した目標視力の設定を医師と十分に話し合う時間を持ったか?

5. 手術の合併症やデメリットに対する説明を受けたか?

6. 初めての適応検査後、手術までに一定の日を空けているか?

7. 手術後、短期のみならず長期にわたる定期検査を行う予定があるか?

8. 執刀医を把握できる診察だったか。担当医師、執刀医は眼科専門医か?

9. 不安に思うことをきちんと質問できたか。医師はそれに十分説明してくれたか?

10. 術後に問題があった場合、最後まできちんと治療することが期待できる施設か?


★これらの項目を、1つ1つしっかりと確認して、納得して受診してみてください。良い結果が得られるように、心から願っております。



実際に受けた方の体験談&口コミを見る

品川近視クリニック
神戸クリニック
SBC新宿近視クリニック

レーシックを決意した理由



レーシックを決意した理由については、たくさんの方の体験談や口コミを読んだり聞いたりしましたが、下記理由が上位にあがっています。


「知り合いや体験した方の話、または本を読んで」が多い

●信頼できる人に良いとすすめられたから。

●知り合いが普通にうけていたから。

●生命保険がおりて安くうけれるから。

●最近は安くなってるから。

●コンタクトがわずらわしい。

●ドライアイでコンタクトができない。

●メガネがわずらわしくて嫌だから。

●仕事で成績を伸ばしたいから。


このように、知人がすでに手術を受けていて、とても快適そうだからといった理由や、仕事の成績を向上したいという方が多いようです。

あと、費用的な面では、コンタクトレンズも高くつきますし、洗浄液や、つける手間・時間などを考慮すれば、長期的にはレーシックの方が安いのではないかと判断された方も多いようです。

レーシック手術の安全性について


確かに視力は良くなりたいけれど、「レーシックって安全なの?」と気になっている方も多いと思います。

レーシックを実際に受ける際には、実績のあるクリニックで、日本眼科医会の認定された眼科医であること。

感染症対策がしっかりされていて、施設内についても清潔に保たれているかなどもチェックしてみてください。

参考までに、多くの専門眼科では、失明する事例は1つもないそうです。

例えば、神戸クリニック では、「医療論理上、失明の可能性はゼロに等しい」とコメントされています。

コンタクトもわずらわしいし、メガメも面倒。前から知人に良いと言われているレーシックが気になる。でもあと一歩が踏み出せない。

その気持ちはよくわかります。

私もたくさんの芸能人の方の体験談を見てきましたが、コンタクトなどが面倒で、知人や先輩の推薦が決意したきっかけという方が圧倒的に多かったです。

皆さん不安があったみたいですが、スタッフの方からじっくりと納得いくまでお話をしたので、安心できたという声がありました。

そして、術後も順調に視力が回復していらっしゃいます。

この様に、実際の成功体験者のおすすめだったり、納得いくまで説明を受けたり、スタッフの方のサポートや気遣いなどが安心できるポイントになります。

そうやって、情報を得ることで、1つ1つ納得して受診する事が大切だと思います。

手術前の適応検査について



適応検査では、レーシック手術が受けられるかどうか、どの様な術式が適しているかなどを話し合います。気になるクリニックがありましたら、予約をして足を運んで、しっかりとカウンセリングを受けてみてください。

また、実際に行ってみることで、スタッフの雰囲気なども確認する事ができますね。

事前の検査では、必ずしも手術が受けられるとは限らないため、角膜の厚さなど、いくつかの検査を行います。

いろいろ情報を調べた後に、結局、角膜が薄いなどの理由で受けられないこともあるため、まずは検査を受けてみて、判断してみてください。


【適応検査の内容について】

●視力検査
●眼圧検査・角膜の厚さ
●角膜形状解析
●瞳孔径測定
●眼底検査
●角膜曲率半径測定
●角膜内皮細胞検査など


検査では、視力はもちろん、角膜の形状や、目に風を当てるといった眼圧検査などを行います。時間は2時間30分〜3時間などまちまちです。人気のクリニックでは、土日は人が多いため、待ち時間が長くなる場合があります。

さらにレーザーで何ミクロン削る必要があるのか、といった作成できるフラップの厚さなどの専門的な事から、視力の質、どれぐらいまで視力が上がるか、夜間の見え方、光りの滲み具合はどうか、追加矯正手術を行うことが可能かといった事を見てもらいます。

カウンセリングでは、疑問点をすべて質問するなど、医師からしっかり話を聞いてから受けるようにして下さい。

もちろん、必ず受けなければならないというわけではありません。いろんな話を聞いて、じっくりと判断することができますので、安心してください。

気になる検査の費用についてですが、大手の専門眼科では、無料で受ける事ができる所が多いです。

注意点としては、体調によって、目の状態は変化するため、できるだけ体調を整えておいてください。

持ち物ですが、普段からメガネをかけている方は、メガネを持参しておきましょう。コンタクトレンズははずしておいてください。

適応検査を受けてから、どの手術にするかを決定し、次回は手術当日の来院になります。

レーシック手術の流れ




手術の流れ

レーシック手術は日帰りで、所要時間は約15〜20分ほどになります。

当日の注意点なんですが、医師の方からいくつかのお話があると思います。そちらを参考にしながら、準備をしておきましょう。

例えば、コンタクトレンズは早い段階でつけないようにしておくなどの考慮が必要になります。

女性の方は、数日前から、目のまわりの化粧を控えてください。

毛糸が入るような服はなるべく着ないようにしましょう。

入浴についてですが、手術を受けた日は入れないため、前日に入っておいてください。




レーシック手術の当日

では、いよいよレーシック手術の当日になります。注意点としては、車での来院はさけてください。

来院した後、クリニックにて最終的な検査を行い、いざクリーンルームなどと呼ばれる手術室に移動します。

レーシックを受ける前に、まず点眼麻酔を行います。これにより、ほとんど痛みを感じることがありません。

手術中は、緊張する事があると思いますが、その際は、スタッフの方が手を握ってくれたり、声をかけてくれますので、落ち着いてうけることができると思います。

体験談を読んでいると、多くの芸能人の方が、スタッフの方の気遣いが安心につながったと語っていらっしゃいます。




手術室での流れ

手術の一般的な流れは、まず点眼麻酔をします。そしてフラップというフタを作ります。次に目にレーザーをあて、フラップを戻します。そして洗浄します。

術後は、フラップを安定させるなどの理由から、15分ほどの休憩をとります。座ってゆっくりと休めてください。

その後、角膜の状態をチェックします。

医師の検診を受けて、問題なければ退院して、その日は完了です。

気になる成功率なんですが、レーシックは手術の中でも高い成功率で、失敗もなく比較的安全な手術と言われています。

最近では、感染症などの話が出ていますが、レーシックに限らず、眼科ではどこでも起こりうる事。

しっかりと衛生管理された眼科であれば、ほとんど心配ないと言われています。

ちなみに、最初にもお話させていただきましたが、お帰りの際は、お車はおやめください

当日からすでに良く見えるようになったという方もいらっしゃいますが、翌日やそれ以降にはもっと見えやすくなると思います。

多くの方が、朝起きた時の時計の針がハッキリ見えることに感動すると語っていらっしゃいます。

術後検査と経過について



レーシック手術後は、少し視界がぼやけるという声があります。ただし、次の日に起きてからは、ハッキリと見えたという声が多いです。

直後の注意点ですが、受けた当日は、入浴はお控えくださいとのこと。また数日間は、手で眼に触れたり、こすったりしないように注意が必要です。

睡眠時についてですが、施術後1週間ほどは、寝る際に、保護用眼帯をします。

1ヶ月後には、検診をして問題がなければ、スポーツなどができる様になります。

処方された通りに点眼薬を使用しましょう。なるべく1週間は目に負担になる事は避けてください。

下記に、術後の生活の要点をまとめてみましたので参考にしてみてください。




仕事

気になるお仕事ですが、手術の翌日には仕事の復帰も可能です。ただし、パソコンなど、眼を酷使する作業は、なるべく無理をしないでください。




術後の車の運転&バイクの運転

目が疲れますので、なるべく無理をせずに運転してください。 また、慣れるまでは、夜間の運転は控えてください。

注意点としては、運転免許で「眼鏡など」といった条件がとれますので、書き替えの手続きをしてください。




術後の入浴

次の日の診察後から可能になります。ただし、目に水が入らないように、首から下までにしておいてください。




洗顔

翌々日の夜からで、濡れタオルで拭くようにしてみてください。




お化粧・アイメイク

術後の3日目から可能とのこと。術後1週間はなるべく控えめに。ビューラーなどの器具は、1週間は使用しないでください。




テレビ・パソコン・読書

テレビや読書といった娯楽ですが、視力回復後に、目が疲れない程度にしてください。




術後の運動はどのくらいでできる?

術後のジョギングの様な軽い運動は、1週間後から可能です。ただし、目に汗が入らないように注意してください。




球技・スポーツ

野球、サッカーといった球技は、術後1ヶ月から可能です。その際は、眼をぶつけないように注意が必要です。プール、海水浴は、1ヶ月は避けてください。






定期検診

術後の定期検査についてですが、翌日には、診察と検診があります。

また、1週間・1ヵ月・3ヵ月・半年後の検診が用意されているクリニックもあります。

検診時期ではなかったとしても、何か変化があった場合は、すぐに診察を受けて下さい。

クリニックによっては、術後保障期間があるところもあり、視力が下がった場合に、再手術を保障期間内なら無料で受けられます。ちなみに、角膜の厚みが足りていないなど、受けられない場合があります。

一般的に、視力が完全に安定するには半年〜1年程度かかると言われています。

下記に、定期健診についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。




手術の当日

施術を受けた後に、受ける診断のこと。そちらが終わると退院する事ができます。




翌日の検診

次の日には、目の回復具合や、見え方についての確認が必要なため、必ず受信してください。時間は30分ほどのようです。




術後 1週間の検診

翌日にはかなり改善されているようですが、視力は徐々に安定していきます。その間は、なるべく目が疲れる行為はしないようにしてください。




術後 1ヵ月の検診

術後は少し不安定だったという方も、この頃から、だいぶ安定していくようです。




3ヵ月後の検診

術後の目の安定状態を確認します。角膜の神経細胞がつながりはじめ、目の乾燥なども改善されていくとのこと。




半年後の検診

エピレーシックなどを受けられた方は、半年検診までは必須となるようです。




半年以降の検診について

クリニックによっては、診察は任意になるようですが、定期検診以外でも、相談ができる神戸クリニックのように、アフターフォローがしっかりしている眼科もあります。




それ以降や、10年〜20年後の見え方には、いろいろな調査が行われています。現在までにも、屈折矯正手術自体は50年以上の歴史があるそうで、すでに術後10年以上経過した方も多いようです。

手術後の合併症について



レーシック 合併症とは、手術を受けた後に起こりえる症状です。

代表的なものには、夜のライトが少しぼやけるハロ・グレア現象や、コントラストの低下などがあります。ほとんど気にならなかったり、症状が軽い場合もあります。

ただし、アイレーシックなどでは、従来のレーシックの様なこういった症状が大きく改善されています。

それから、比較的新しい手術のため、生涯にわたって視力が維持できるか、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが最近の発表で、レーシック、PRKともに、9年たっても角膜内皮細胞密度がほぼ変わらない、という内容が医学誌「眼科学(Archives of Ophthalmology)」で報告されています。

この様に、少しずつ調査結果が集まってきているようです。

ハロ・グレア現象



手術後については、ハロ・グレア現象と呼ばれる、夜間や蛍光灯の光の周りがぼやけて見えたりする症状になると場合があります。

これは、よくあるレーシックの合併症の1つと言われています。

こちらに関しましては、個人差がありますが、術後しばらくして改善します。こういった症状が、気にならないという方もたくさんいいらっしゃいます。

また、適応検査の段階で、瞳孔がどの程度大きく開くか、といった検査をすることで、ある程度のリスクについては予想できるようになっています。

新しいアイレーシックでは、これらの症状が改善されていると、海外で発表されています。(神戸クリニック・アイレーシック調査情報より)

気になるお仕事ですが、手術の翌日には、お仕事の復帰も可能です。

レーシックとドライアイについて



空気が乾燥する季節など、レーシックを受けるきっかけの1つに、ドライアイなどでコンタクトレンズがつけられないという要因があります。

仕事をしている方で、見た目を考えて、メガネはかけたくないという方も多いとおもいます。ドライアイはコンタクトレンズをしている方には、辛い症状ですよね。

ドライアイは自然に出る涙が少ない状態です。原因としては、まばたきが少ない、加齢的なもの、アレルギー性結膜炎などが多いようです。また、日本で約800万人いると推定されています。

よくある治療方法は、適度に目薬をさす、または目薬で治療する、温かく蒸したタオルを目の上にかけるなどがあります。

レーシックを受けられる方の中で、数人に1人はドライアイの方という話もあります。もし、レーシックを検討されている方は、一度、眼科やクリニックなどで、医師に相談してみてください。

術後の視力低下について



レーシック手術は、1度受けると、ずっとそのままかというと、そうではありません。

やはり、目を酷使したり、近い距離で物をみたりしていると、視力が下がってしまいます。

こういった対策としては、再手術が受けられる場合があります。

この再手術による視力回復の度合については、個人差があります。人によっては、術後の2か月の間に屈折率が少し変動する事がありますが、3〜6ヶ月で安定すると言われています。

疲れ目には目薬をするなど、普段から定期的に目をケアしてあげる、という意識が大切だと思います。

術後検査と経過についても参考にしてみてください。

レーシック 再手術、近視の戻りについて




1度レーシックを受けた方でも、目を酷使していると、視力が低下してしまします。

例えば、神戸クリニックの場合、0.3程度まで下がる方は、全体の2%ほどなんだそうです。ちなみに、再手術は無料です。

また、「近視の戻り」と言われる症状が1年以内に起きる場合がありますが、これを過ぎると安定すると言われています。

再手術を受けた芸能人の体験談では、水道橋博士さんの話が参考になりますので、ご紹介させていただきます。

水道橋博士さんは、手術後に0.6になったそうですが、再手術をして、1.5にまで回復したんだそうです。すごいですね。次は、老眼克服に挑戦したいと話していました。

この様に、アフターサービスもしっかりしているクリニックでなければ、最初の予定より費用がかかってしまいますので、こういった点も事前にチェックしておいてください。

人気のレーシック・専門クリニック TOP4



神奈川クリニックの体験談&口コミ

スポーツ選手など様々な著名人がレーシックを受けられています。


神戸クリニックの体験談&口コミ

女性タレントの乙葉さん、陣内智則さんなどがレーシックを受けられて話題になりました。

錦糸クリニックの体験談&口コミ

オセロの松嶋尚美さんなど様々な芸能人の方がレーシックを受けられています。

 
品川近視クリニックの体験談&口コミ

格闘家の角田信朗さんなど、様々な芸能人やスポーツ選手がレーシックを受けられています。

品川近視クリニック・口コミ&体験談


品川近視クリニック

品川近視クリニック

月間症例数が7000件を越える、人気のレーシック・専門クリニックです。ドクターはイントラレース社の公認ドクター。低価格のためネットを中心に口コミで人気が広がっています。

特徴としては、短時間の施術で、副作用や感染症の心配もほとんどないスーパーイントラレーシックが受けられます。

かなりの実績があるので、その点は安心なんですが、人が多いので待ち時間などがあるかもしれません。

その影響も考えられるので、自分から質問を用意して、疑問点などがあればしっかり確認して聞いておくと安心です。


●品川近視クリニックの口コミ&体験談を紹介します。


【女性・体験談】

私は品川にて手術をし一ヶ月ちょっと経ちましたが、かなり満足です。


イントラレーシックは、刃物ではなくレーザーでフラップを作るということで、均一な厚みのフラップを作ることができますので、不正乱視を防ぎやすくなります。


中は意外と広くスタッフの人数もかなり多かったです。先生も看護婦さんらもとても優しく感じが良かったです。


ハロ・グレアは少し残ってますが、あまり気にならない程度です。


手術後1週間は、目に水がはいらないようにしなければいけません。若干ゴロゴロした感じがありますが、しばらくすれば消えていくそうです。


手術は緊張しましたが、両目共に回復して、今はすごく満足しています。


【男性・体験談】

僕は品川近視クリニックでイントラレーシックを受けました。


予約していましたが、患者さんの数も多かったです。他のところが分からないですが、こちらで受けてよかったと思います。わからない事はしっかり質問して確認したほうがいいですね。


検査や手術、1週間後の検査、3ヵ月後の検査、目薬などの薬、全ての費用を含めて金額は合計で19万程度(両眼)でした。


視力は両目とも1.5に回復しましたし、特に違和感はなく手術もうまくいったので安心しています。


【芸能人の感想&体験談】


プロゴルファー横峯さくらさんの体験談

「痛みがあるんじゃないかとちょっと不安でしたが、まったく痛みは感じませんでしたし、あっという間に終わってしまいました。プレー中はボールを目で追ったり、グリーンを読んだりと目を酷使しますが裸眼になったせいか目の乾きや疲れがなくなった気がします」(品川クリニック公式サイトより)


品川近視クリニックの体験談はこちら
トップのメニュー「体験談」→ クリック
→「レーシック体験談」へ

■芸能人・著名人の体験談

格闘家 : 角田 信朗さん
タレント : 岡元 あつこさん

■スポーツ選手 の体験談

プロゴルファー : 横峯さくらさんなど

●全国の品川近視クリニック

東京[有楽町] 北海道[札幌] 愛知[名古屋] 大阪[梅田] 福岡[天神]


以前の品川クリニックの場所

札幌院/仙台院/新潟院/静岡院/名古屋院/広島院/福岡院/鹿児島院

神戸神奈川アイクリニック・口コミ&体験談


神戸クリニック

神戸神奈川アイクリニック


神戸クリニックは、神奈川クリニックと共に、「神戸神奈川アイクリニック」になりました。

オリコンによるレーシックの顧客満足度調査2012年度で、上位にランクインしています。

支持されているポイントは、技術的な事や、スタッフの方の対応、感染症対策がしっかりしていて、感染例がない、などもそうですが、なんといっても、生涯保証(トータルケアサービス)を行っている点です。

これは生涯に渡って目をケアするという考え方で、手術後の定期検診を保証してくれたり、予定した視力に万が一回復しなかった。または近視の戻りがあった場合には、無料で再手術ができるという保証制度です。

タレントの乙葉さんのように、この制度がきっかけで手術を決意される方も多いようです。

流れとしては、いろいろ調べた後に、いざ適応検査を受けてみたら、適応外だったという事がありますので、まずは、無料の適応検査を受けられる方が多いようです。

神戸クリニックのレーシック無料適応検査
→視力測定、カウンセリングの詳細


また、芸能人の方では、テニスプレイヤーの杉山愛さん、サッカー日本代表の玉田圭司さん、タレントの熊田曜子さん、杉浦太陽さんなどの、多くの芸能人の方が受けられています。



アイレーシック、国内症例数1位は神戸クリニック

気になる、実際に実績の多いクリニックなんですが、アイレーシックで、国内症例数1位なのが、神戸クリニックです。

こちらでは、安心面のケアとして、生涯保証制度というアフターサービスにより、視力回復保証制度として再手術が受けられます。

オリコンの顧客満足度調査でも上位にランキングされて、体験された方が、アフターケアが安心とコメントされていました。

また、ホームページでもスタッフの方が紹介されていたり、料金が明確だったり、こうした見える化されているのが印象的です。

テニスの杉山愛さんや、サッカー日本代表の玉田圭司さんなど、多くの芸能人が受けられていて、体験談も充実しています。




【実際に神戸神奈川アイクリニックで受けられた女性・体験談】

私は神戸クリニック受けました。 若干お値段が高いのですが、神戸クリニックは生涯保証で再手術できるのが特徴です。


ドライアイは術後はたしかにきつかったですが、1ヶ月したあたりから改善されました。


神戸クリニックは対応が親切です。


また現金払いなら割引になるそうです。手術代はクレジットカードで支払いましたが、ポイントがたくさん付き、ゴールド会員になりました。



【芸能人の感想&体験談】






女性タレント : 乙葉さん
レーシック体験談
神戸クリニックでレーシックを受けた方の体験談
→芸能人の体験談は、右メニュー 「体験者の声」へ

■見れる芸能人・有名人の体験談

テニス : 杉山愛さん
タレント : 熊田曜子さん
俳優 : 玉山鉄二さん
女優 : 秋本奈緒美さんなど



【全国の神戸神奈川アイクリニック】

東京 : 新宿・恵比寿
愛知 : 名古屋
神戸 : 三宮
大阪 : 梅田・堂島
北海道 : 札幌
北九州 : 小倉 福岡 : 天神

行ってきました、神戸クリニック

神奈川クリニック・口コミ&体験談


神奈川クリニック

神奈川アイクリニック眼科院

イントラレーシック、ウェーブフロントレーシック、エピレーシックなどのレーシックが受けられます。神奈川クリニック眼科の医師は、すべて眼科専門医(日本眼科学会のガイドラインで眼科専門医が行うことが必須)です。

気になるレーザー機器なんですが、ここは世界最高の視力回復用レーザー「コンチェルト」の症例数世界No,1クリニックとして「Top Concerto Premium Clinic Award」を受賞しています。このレーザー機器はその高い技術力と、高品質な材質を使用し、優れたユーザビリティが高く評価されている機器です。

それでは、気になる体験者の声はどうなんでしょうか。


●神奈川クリニックの口コミ&体験談を紹介します。

【女性・体験談】

少し前に、神奈川クリニック眼科でイントラレーシックを受けました。私は検査も手術結果もとても満足しています。


どちらの手術を選択するのかは、強要されることもありませんでした。


手術1週間後あたりから、目薬がいらなくなりました。ドライアイもそんなに気になりません。


友人も受けたそうですが、衛生面でも安心できました。病院の対応にも結果にも満足していたようです。


【女性・体験談】

今日、神奈川クリニックで検査を受けてきました。


検査の人は対応よかったです。


先生は聞けば教えてくれるという感じで、しっかり聞かないといけないと感じました。


ここは手術が大丈夫かどうか、ちゃんと再検討をしてくれます。


私が行った時は連休なのですごく混んでいました。手術は2時間半程度で終了しました。


希望があれば執刀医を選べるみたいです。


【芸能人の体験談】


イントラレーシック体験談

芸能人やスポーツ選手の方では、プロゴルファーの片山晋呉さんや、映画俳優の塩谷瞬さんが受けています。名古屋にもクリニックができたり、最近は評判を耳にする事が増えました。


【全国の神奈川クリニック】

東京・新宿 / 大阪・堂島 / 名古屋・栄 / 福岡・天神

旧医院 ( 大宮院 / 千葉院 / 立川院 / 町田院 / 金沢院 / 京都院 / 岡山院 )

人気3位 錦糸眼科クリニック・口コミ&体験談


錦糸眼科クリニック


錦糸眼科

最先端のレーザー機器を活用したフェムトレーザーレーシックが人気の錦糸眼科。

様々なプランのフェムトレーザーレーシックが受けられ、施術の際には、院長を指名する事ができます。また、近視レーザー手術というガイドブックを毎年発売されています。

タレントである、オセロの松嶋尚美さんや、元プロ野球選手の高津さん、元総務大臣秘書の鳩山太郎さんが、こちらでレーシックを受けられています。


【女性・体験談】

●錦糸眼科クリニックの口コミ&体験談を紹介します。

錦糸眼科でレーシック受けました。 色々聞いたら丁寧に答えてくれました。


資料請求したらCD-Rやパンフレットがしっかりしていました。先生や看護師さんたちも手際よく、安心感がありました。


【芸能人の感想&体験談】



錦糸眼科体験談
錦糸眼科 (芸能人 体験談へ)

→トップの右側メニューの「レーシック体験談」からそれぞれの体験者の声へ

■芸能人・タレントの体験談

タレント「オセロ」 : 松嶋 尚美さん

■スポーツ選手の体験談

プロゴルファー : 市原 建彦さん


【全国の錦糸眼科クリニック】

東京 / 札幌 / 名古屋 / 大阪 / 福岡

芸能人の口コミ&体験談


jin_nori.jpg


プロスポーツ選手やタレント、俳優、お笑い芸人など多くの芸能人、著名人がレーシックを受けていて、藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんや、女性の方なら乙葉さん、オセロの松嶋さんなどもレーシックを受けています。

メジャーで活躍中の松坂大輔さんも東京八重洲クリニックでレーシックを受けたそうです。

品川近視クリニックでレーシックを受けた芸能人の体験談


品川レーシック芸能人画像


品川近視クリニックでは、格闘家の角田信朗さんやタレントの矢部美穂さん、岡元あつこさん、プロゴルファーの平塚哲二さんなど、多くの芸能人やスポーツ選手も利用されていて、体験談も掲載されています。

また女優・モデルのさとうやすえさんもスーパーイントラレーシックを受けられて、現在も活躍されています。


【モデル・さとうやすえさんがレーシックを受けたきっかけ】

2年前に初めてレーシックを知りました。友人の役者の方がレーシック体験をしていて、私もしてみたいと思いましたがとても不安でした。


その時は、自分には怖くて出来ない…と思っていたのです。しかし、普段からメガネとコンタクトの併用で、眼の疲れがいつも私の悩みでした。


舞台やファッションショーなどのステージ上で、コンタクトレンズが取れてしまったこともよくあります。


レーシックについてとても気になっていたので、周りの体験談などを聞き、掛かり付けの眼科の先生にも相談し、レーシックを受けようと思いました。 (品川近視クリニックHPより)


【タレント・矢部 美穂さんのレーシック体験談】

【 手術当日 】


色々な話を聞いていたので、実際の所どうなんだろう?!と思っていましたが、私の場合「えっ!?おわり!!痛くないじゃない」とつぶやいてしまったくらいでした。


家へ帰ってから1時間〜3時間の間は明るいものを見ると光がまぶしく目がショボショボするなぁ〜とは思いましたがすぐに治まりました。


【 手術翌日 】


家では気がつかなかったのですが、外に出てビックリ!!色がはっきりと見えるのです。特に看板の色や文字がくっきりと!!検査で品川近視クリニックへ行く道のりもずっ〜と大きな声を出していましたね。


「あの看板の字私読めますよ」「木の葉っぱが一枚一枚キラキラして見えますよ」「あ!?遠くの人の表情がわかりますよ」などなど興奮気味の私でした。 (品川近視クリニックHPより)


▼品川近視クリニック・参考になったクリニック選びのポイント

品川近視クリニックの体験談はこちら

トップのメニュー「体験談」→ クリック

→「レーシック体験談」へ

神戸クリニックで受けた芸能人の体験談


神戸クリニック・芸能人


神戸クリニックでは、乙葉さんや女優の秋本奈緒美さんなど、多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックを受けられています。

神戸クリニックでレーシックを受けた方の体験談



その他にもお笑い芸人であるオーケイの岡山祐児さん、NHK野球解説者の梨田さん、タレントのデビット伊東さんなどがいらっしゃいます。

また藤原紀香さんと結婚されて話題になった陣内智則さんも神戸クリニックで受けられたそうです。

神戸クリニックの公式ホームページでは、レーシックを受けた一般の体験者の声も見る事ができます。


【生涯保証(トータルケアサービス)について】

また神戸クリニックでは、生涯保証(トータルケアサービス)を行っています。

これは生涯に渡って目をケアするという考え方で、手術後の定期検診を保証してくれたり、予定した視力に万が一回復しなかった。または近視の戻りがあった場合には、無料で再手術ができるという保証制度です。

これによって安心してサービスが受けれるという事で、タレントの乙葉さんのように、この制度がきっかけで手術を決意される方も多いようです。


【タレント・乙葉さんがレーシックを受けたきっかけ】

一番の理由は、やはり神戸クリニックの「生涯保証制度」ですね。東京にも視力矯正のクリニックはありますが、ずっと保証してもらえるという安心感を持ったのが神戸クリニックだったんです。


それに、実際訪れてみると、とても清潔感があって、いかにも「病院」という感じではないところにも好感をもちました。


また、女性のスタッフの方がみんな明るくて親切なので、何でも安心して相談できました。女医さんがいらっしゃったことも有難かったですね。スタッフの方々の親切な対応のおかげで不安感がなくなりました。 (神戸クリニックHPより)


【お笑い芸人・陣内智則さんの声】

0.0なんぼだったのが1.5くらい見えるんです。気持ちいいですね。見えるっていうのは! (サンスポ.COMより)


▼神戸クリニック・みんなの体験談&レビュー

神戸クリニック

トップの右メニュー「レーシック体験談」→
「体験者の声」へ

錦糸眼科クリニックで受けた芸能人の体験談


錦糸眼科レーシック芸能人画像


錦糸眼科クリニックでは、多くの芸能人やスポーツ選手もレーシックを受けられていて、タレントであるオセロの松嶋尚美さんや、プロゴルファー市原 建彦さんの体験談・インタビューも掲載されています。

その他にも、一般の方の体験談などが掲載されています。


【タレント・オセロの松嶋尚美さんのレーシック体験談】

怖くなかったんですよ。友達からも、事前に聞いてたせいもあるんですけど、ほんまに痛くないからその辺は心配しなくてもいいって。


もう、痛さだけが嫌じゃないですか。なにかこうねー、麻酔とか注射とか打つと思ってたからね。手術を勧められても、もう、いいー、いーって言ってたんですけども、もうそんなん目薬やでーって言われて、はー、もう絶対やるわーって。 (錦糸眼科HPより)


▼錦糸眼科クリニック・みんなの体験談&レビュー

錦糸眼科体験談

トップのメニュー「錦糸眼科院長と対談」→ クリック
→「錦糸眼科院長と対談」へ

東京八重洲クリニックで受けた芸能人の体験談


東京八重洲クリニック芸能人


東京八重洲クリニックではプロ野球選手の松坂大輔さんや、藪 恵壹さん、後藤孝志さんなど有名スポーツ選手がレーシックを受けて活躍されています。

また俳優である松方弘樹さん、芸能リポーター石川敏男さんなど多くの芸能人も治療を受けているそうです。

松坂さんは、レーシックを受けた際に、「治療はアッという間、翌日にはコンタクトレンズの時とまったく同じように見えたので、思わずうれしくなりました。」とコメントされています。

かなり、早い段階で受けられておりますが、その後の日本での躍進、そしてメジャーで活躍するまでの道のりでは、この視力回復手術が良い役割を果たしていたのではないでしょうか。貴重な体験談をありがとうございます。今後の活躍を願っております。

レーシックの保険について


気になる、レーシックの保険についてですが、自由診療のため、国民健康保険が適用外になります。

そのため、手術自体の価格は自費診療のため、眼科クリニックによって様々です。

ただし、生命保険に加入されている方は、契約内容によっては、手術給付金が適用される場合があります。


生命保険の給付金

例えば、神奈川クリニックでは、大手の保険会社から、支給された実績があります。

ちなみに、保険会社に書類がある場合は、直接お取り寄せしましょう。なければ、診断書を用意していただきましょう。詳しい事は、各会社にお問い合わせしてみてください。

保険の対象外になるのは、生命保険加入前にレーシックを受けている方や、これから受けるという目的で、新たに生命保険に加入される方です。これらは、加入前に目にする内容だと思います。


医療費控除

その他には、医療費控除が受けられる場合があります。

確定申告をする際は、1年間に受けた診察料が10万円を超える場合は、税金の還付金(医療費控除)を受けることができます。

なので、手術代金の領収書を発行してもらい、確定申告の際に、必ずそちらの金額で申請してください。

申告の時期は、2月の中旬から、3月15日ほどまでになっていますので、この間に、申告をしましょう。

お住まいの地域によって違うそうなので、近くの税務署にお問い合わせしてみてください。

続きを読む "レーシックの保険について" »

生命保険の給付金について




基本的に、レーシックは自由診療になります。ですので、健康保険は適用されません。

ただし、生命保険・医療保険を利用されている場合、レーシックの手術給付金が出る場合があります。各社の契約内容によって異なります。

生命保険の給付金については、5万円程度が多いようです。

なので一度、加入されている生命保険会社にお問い合わせいただき、手術給付金についてご確認ください。


◆生命保険会社について

●日本生命
●明治安田生命
●アメリカンファミリー
●住友生命
●第一生命
●ソニー生命
●損保ジャパン

上記は、現在までに適用例がある、生命保険会社のリストになります。

レーシックでの医療費控除について




確定申告をする際に、医療費控除が受けられます。こちらをぜひご活用ください。

医療費控除についてですが、1年間に支払った医療費が10万円を超える場合は、申告をすると税金が安くなる、または還付金を受ける事ができます。

各税務署によって対応が異なるそうですが、ぜひ確定申告の際は、医療費の欄に金額を記載してみてください。

レーシックは痛くないのですか?



Q レーシックは痛くないのですか?

A レーシック手術は、点眼剤で麻酔をしてから行うため、ほとんど痛みを感じません。このため、手術中は眼球を触られてもほぼ何も感じなくなります。

レーシックを受けるのに適した年齢はありますか?


Q レーシックを受けるのに適した年齢はありますか?

A レーシックに関しては、18歳に達する人しか受ける事ができません。また体調などによって受けられない場合がありますので、医師に相談してください。

レーシック手術の費用はいくらぐらいですか?



Q レーシック手術の費用はいくらぐらいですか?

A レーシックに関しては、国民健康保険が適用外なのですが、生命保険は適用されます。

価格は自費診療のため眼科クリニックによって様々です。



【専門クリニックのレーシック価格比較】

▼品川近視クリニックの料金表


視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>

レーシックの手術後に視力が低下することはありますか?


Q レーシックの手術後に視力が低下することはありますか?

A 人によっては術後に視力が低下する事もあります。個人差があるので、下がる人もいれば、あまり変わらないという方もいるようです。

手術後の通院は必要ですか?



Q 手術後の通院は必要ですか?

A レーシックに関しては、術後の定期検診を受けていただくことができます。

術後は車の運転はできますか?



Q 術後は車の運転はできますか?

A できない事はないようですが、ご遠慮ください。

しばらくして、車を運転する際は十分に気をつけて下さいね。

術後はスポーツはできますか?


術後はスポーツは?


A 術後はスポーツはできますか?

A レーシッククリニックでもできるスポーツとできないスポーツに関してのお話があるかと思います。レーシッククリニックによっては表になっていたりもします。水泳など激しいスポーツはしばらく控えてください。

術後は入浴、洗顔、洗髪はできますか?


A 術後は入浴、洗顔、洗髪はできますか?

A レーシックの手術が終わったあとは、医師からの説明があるかと思いますが、術後すぐは控えてください。

術後は化粧はできますか?


術後は化粧は?


A 術後は化粧はできますか?

A レーシックの手術が終わったあとは、医師からの説明があるかと思いますが、術後すぐは控えてください。

レーシックで失明することはありますか?



A レーシックで失明することはありますか?

A レーシックに関しては、絶対に無いとはいえないのですが、可能性は極めて低い、比較的安全な手術と言われています。手術も20分程度で治療が完了します。

レーシックの種類によっては、最新の医療機器を使っている場合は、どのクリニックでレーシックを受けても同じくらい正確に治療ができると言われています。

レーシック手術後、いつ仕事に復帰できますか?



A レーシック手術後、いつ仕事に復帰できますか?

Q 次の日から復帰することも可能です。

現役の眼科検査担当者さんにインタビュー!



今回、突撃取材をさせていただきましたのは、勤続10年の現役の眼科検査担当者さんです。眼に関するプロにレーシックやドライアイなどについてインタビューさせていただきました。

眼科クリニックの選び方についてや、目のケア。その他にも、メガネやコンタクトレンズの注意点などアドバイスをいただきました。

これからレーシックを受けられる方も、そうでない方も目のケアについて参考にしてみて下さい!

レーシックの眼科選びについて



Q まずはレーシックの眼科選びについてお聞きしてもよろしいですか?

A そうですね。これはレーシックに限らず、すべてにおいて言える事ですが、しっかりとクリニックの担当者と話をする必要があります。なので、カウンセリングがしっかりしていて、疑問を解決してくれるクリニックである事。

実際に手術をしてくれるのが専門の執刀医である事。そしてアフターフォローがしっかりしている眼科の専門クリニックをおすすめします。やはり、手術をしてからのアフターケアが大事ですね。

ドライアイについての対処法



Q レーシックを受ける方は、ドライアイに悩んでいる方も多いと聞きます。このドライアイについての対処法を教えていただけますか?

A ドライアイとは、通常は自然に出る涙が少ない状態です。

冬の暖房や夏の冷房で目が乾燥したり、仕事環境や最近ではパソコンを長く利用する方に多いです。

パソコンでは、集中するとまばたきする回数が少なくなるため、目が乾燥しやすくなります。あと更年期の方にも多いです。

また逆に、涙が多いドライアイもあります。
これは体が無理をしている状態で、それを直そうとして涙が多く出る場合もあります。

この様な場合は、ドライアイ用の目薬を定期的にさしたり、
眼科でもらった目薬や人工涙液を、一日に3〜4回さして目に潤いを与える様にして下さい。

コンタクトレンズを使用している方で、ドライアイに悩んでいる方も多いですね。

通常はコンタクトレンズは涙がクッションになります。でもドライアイの人はそのクッションが少ない状態でつける事になり、眼球にぴたっとくっついてしまいます。

目とコンタクトレンズの間に涙が必要で、その間にコンタクトがあるのが良い状態です。

視力回復のサプリメントについて



Q 最近人気の、視力回復のサプリメントについてはどうお考えですか?

A 確かにブルーベリーやサプリメントを利用している方も多いかもしれませんが、
なるべく食事のバランスを心がけて、食べ物からしっかり栄養をとった方が良いですね。

また、サプリメントだけに頼らずに、目を休めるなどのこまめなケアが必要です。

メガネについての注意点



Q メガネを使用する際に、注意点はありますか?

A メガネはかけ始めると、視力が落ちると思っている方が多いですが、実はかけないよりもかけた方が良いです。

メガネは視力を補う物。合わないメガネをかけていると、余計な負担がかかってしまいます。メガネをかけない場合も同じで、見ようと目に余計な負担をかける事が視力の低下につながります。

ですのでメガネを買う場合は、眼科に行って、処方箋を持ってメガネ屋に行って下さい。

またメガネの場合、左右の視力に差がある場合は、なるべくコンタクトレンズにして下さいね。

コンタクトレンズについての注意点



Q コンタクトレンズを使用する際の注意点について教えてください。

A コンタクトの装着時間は、なるべく短い方が良いです。

コンタクトレンズもくつと同じで、はずした時にほっとしますよね。

それから使い捨てのコンタクトレンズを期限以上つけてる方も多いかもしれませんが、目に良くないため、なるべく期限を守るようにして下さいね。

装着時やはずした時など、目を洗う場合はなるべく水道水は避けるようにして下さい。

またコンタクトレンズ購入時は、眼科併設のお店などを利用して下さいね。

●最後に

以上、現役の眼科検査担当者さんによるメッセージでした。

ドライアイやメガネ、コンタクトレンズに関するお話をいただきました。やはり、こまめな休憩と、しっかりと食事で栄養をとる事が大事なようですね。

また、クリニック選びのポイントは、アフターフォローがしっかりとしている所というのが印象的でした。

今回は貴重なお話を聞かせていただきました。インタビューにご協力いただき、本当にありがとうございました!

最後まで読んでいただいた方、目に関することで参考になりましたら、幸いです。ありがとうございました。

2007年04月24日

陣内智則がレーシック矯正手術で視力回復、入籍とWの喜び!


陣内は前日、神戸市内でレーシック(レーザーによる視力矯正法)の手術を受けたばかり。司会を務める読売テレビ「なるトモ!」(関西ローカル)では「0.0なんぼだったのが1.5くらい見えるんです」と報告し、「気持ちいいですね。見えるっていうのは」と視力回復の喜びを語った。共演のなるみ(34)からは「目もパッチリしてる」といわれ「変わるもんですね」とご機嫌だった。


陣内&紀香が晴れて入籍!別室用意、市長登場の超VIP待遇


この記事によると、女優の藤原紀香さんとの結婚で話題の陣内智則さんが、神戸クリニックでレーシック手術を体験したそうです。体験談を読んでみたいですね!

番組でも発表したり、結果は良好のようです。

写真は婚姻届けを提出する時の陣内智則さんと藤原紀香さんのキャプチャー写真です。入籍には加古川市に住む陣内のお父さんも市役所に駆けつけたそうですが、たしかにWでおめでたい話ですね。

また神戸クリニックでは、生涯保障(トータルケアサービス)を行っています。

これは生涯に渡って目をケアするという考え方で、手術後の定期検診を保障してくれたり、予定した視力に万が一回復しなかった。または近視の戻りがあった場合には、無料で再手術ができるという保障制度です。

これによって安心してサービスが受けれるという事で、タレントの乙葉さんのように、この制度がきっかけで手術を決意される方も多いようです。

2007年04月27日

ウェーブフロントレーシックの体験談


レーシック体験談サイトでは様々な方の体験談が掲載されています。ウェーブフロントレーシックを受けられたそうですが、受けたその日から視力が回復したとの事でした。

【男性・体験談】

僕はコンタクトレンズがわずらわしくてレーシックを受けました。眼の手術なので、周りの人は心配していましたが、僕自身は説明会に参加したり、手術のビデオを見せてもらったので、何の不安もなく申し込みました。(レーシック体験談サイトより)



Copyright (C) 2007 LasikStyle レーシック 口コミ 体験談 All Rights Reserved.


サイトマップ相互リンク運営元